***** seminarMLから情報転載 *****

下記の通り、理化学研究所から、X線自由電子レーザーシンポジウムのご案内をさせていただきます。
皆様のご参加お待ちしております。よろしくお願いいたします。

==============================
第4回X線自由電子レーザーシンポジウム「世界が注目する日本の技術・コンパクトX線レーザー」

日 時:平成20年12月12日(金)10:00 ~ 17:20
会 場:東京国際交流館 プラザ平成 国際交流会議場(東京都江東区青海2-79)
アクセス:新交通ゆりかもめ「船の科学館」東口より徒歩約3分
主 催:文部科学省、(独)理化学研究所、(財)高輝度光科学研究センター
定 員:418名
参加費:無料(要事前申込、下記HPから申込をお願いします)
シンポジウム専用HP:http://www.kuba.co.jp/XFEL04/

<プログラム>
●午前の部(10:00-12:10)
挨拶 (X線自由電子レーザー計画合同推進本部 本部長 藤嶋 信夫 ・ 文部科学省)


「国家プロジェクト X線自由電子レーザーとは -世界最高レベルの機器と施設の開発とは-」
(X線自由電子レーザー計画合同推進本部 
副本部長 加速器建設グループディレクター 熊谷 教孝
加速器建設グループ 建設チーム 大塚 孝)

「我が国産業界の国産技術が支えるX線自由電子レーザー -その新たな可能性-」
(X線自由電子レーザー計画合同推進本部 
加速器研究開発グループディレクター 新竹 積)

「人類未踏の光 X線レーザーを自在にあやつるための最先端ビームラインテクノロジー」

(X線自由電子レーザー計画合同推進本部 利用グループ
 ビームライン建設チームリーダー 矢橋 牧名)


●午後の部(13:15-17:20)
「X線自由電子レーザー利用推進協議会の活動と今後の利用推進研究課題の進め方」
(XFEL利用推進協議会(主査:プログラムディレクター)
 立命館大学SRセンター長 太田 俊明)

「プロトタイプ自由電子レーザーのビームライン整備と共同利用の開始」
(X線自由電子レーザー計画合同推進本部 利用グループ
SCSS試験加速器利用チームリーダー 永園 充)

「X線自由電子レーザー利用科学の近未来展望」
(東京大学教授 山内 薫)

「X線自由電子レーザーがもたらす新技術開発と産業への貢献」
(株式会社富士通研究所 顧問、神奈川工科大学 特別研究員 丹羽
紘一)

「ビームを用いた単粒子解析法の開発:ナノクラスターから生体分子まで」
(慶応義塾大学教授 中嶋敦)

「単粒子ビーム照射により生成した荷電粒子をすべて捉える」
(東北大学教授 上田 潔)

「X線自由電子レーザーのナノ集光技術の現状」
(大阪大学教授 山内 和人)

総括質疑
閉会挨拶 (X線自由電子レーザー計画合同推進本部 プロジェクトリーダー 石川
哲也)
=================================



馬塚 優里 MAZUKA Yuri
(独)理化学研究所 播磨研究所 企画課
http://www.harima.riken.jp
X線自由電子レーザー計画推進本部
http://www.riken.jp/XFEL/
〒679-5148 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
Tel: 0791-58-0900 (内線2336/PHS7805)
Fax: 0791-58-0800 (内線2350)



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。