来年1月には我が国でもいよいよ究極の個の医療である、自家培養皮膚の保険収載が成される可能性が濃厚となりました。いよいよ国民皆保険の我が国の医療制度でも、患者さんから採取した皮膚の上皮細胞を体外で急速培養して、再移植する治療が実用化します。但し、重症熱傷が当面は適応対象です。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/7765/
続きはここをクリック。(宮田満)