アグリバイオインフォマティクス・プロジェクト成果報告シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


日時:2008年12月8日(月)13:00-16:30
場所:東京大学農学部 弥生講堂 一条ホール
参加登録:不要
参加費:無料

プログラム:
13:00-13:10 開会の挨拶
東京大学大学院農学生命科学研究科長 生源寺眞一
13:10-13:20 科学技術振興調整費プログラム主管からの挨拶
独立行政法人科学技術振興機構 山下廣順

13:20-13:50 「製薬産業におけるタンパク質構造情報の有効活用について」
持田製薬株式会社、東京大学大学院農学生命科学研究科 西島和三
13:50-14;20 「ゲノムとメタボロームの大規模データ解析が拓く新しい世界」
株式会社ジナリス、東京大学大学院農学生命科学研究科 西達也
14:20-14:50 研究成果発表 (1)
「ヒト甘味受容体の味覚修飾タンパク質ネオクリン作用領域の解析」
東京大学大学院農学生命科学研究科 古泉文子
「マラリア原虫ミトコンドリアゲノムを用いた集団履歴の推定」
東京大学大学院農学生命科学研究科 堀部舜

15:00-15:25 「ミクロとマクロを結ぶ分野としてのバイオインフォマティクス」
東京大学大学院新領域創成科学研究科 有田正規
15:25-15:45 「アグリバイオインフォマティクス人材養成プログラムの成果報告」
東京大学大学院農学生命科学研究科 中井雄治
15:45-15:55 「被養成者と養成者の立場から」
東京大学大学院農学生命科学研究科 森田瑞樹
15:55-16:25 研究成果発表 (2)
「トランスクリプトーム解析手法の開発」
東京大学大学院農学生命科学研究科 門田幸二
「ゲノム情報を利用した分解プラスミドpCAR1の異種Pseudomonas属細菌内における挙動の理解」
東京大学生物生産工学研究センター 新谷政己

16:25-16:30 閉会の挨拶

問い合わせ先:
東京大学大学院農学生命科学研究科アグリバイオインフォマティクス事務局