***** seminarMLから情報転載 *****

■ 『NBRPシンポジウム 「リソース整備の現状と将来展望」』が開催されます。
BMB2008 期間中に開催されるシンポジウムです。
合同大会への参加登録をしていなくても本シンポジウムには参加可能です。

日程:2008年12月9日(火) 16:45 - 19:15
場所:第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会 (BMB2008)
   第19会場(神戸国際会議場1階・メインホール)
事前の参加登録が必要ですので、下記ホームページからお願いいたします。
<参加無料>
http://www.nbrp.jp/index.jsp

■ 理研バイオリソースセンターからは、細胞材料開発室の発表があります。
「鹿児島大学の園田俊郎名誉教授と愛知がんセンター田島和雄研究所長らは30年以上の歳月をかけて、200以上の世界各地において混血の進んでいないモンゴロイド系少数民族3&s_comma;500人以上の血液サンプルを採取した。この中にはすでに滅亡した民族なども含まれ、学術的にも希少かつ貴重なコレクションとなっている。2005年の園田教授の退官に際し鹿児島大学よりこのコレクションの譲渡を受けた理研バイオリソースセンターは、このコレクションをより多くの研究者に利用して頂くためにEpstein-Barr virusによるB細胞株の樹立を進めている。シンポジウムではこの園田・田島コレクションの概要と理研バイオリソースセンターの取り組み、および我々の研究室で現在進行中の人類遺伝学的解析結果の一部を紹介する。」
 このリソースの詳細は下記をご参照ください。
  http://www.brc.riken.go.jp/lab/cell/hsc/

■ 『NBRPシンポジウム 「リソース整備の現状と将来展望」』
司会:城石俊彦(情報・システム研究機構国立遺伝学研究所)

16:45~16:50
開会の挨拶
文部科学省ライフサイエンス課

16:50~17:10
基調講演
黒川 清(政策研究大学院大学教授、前内閣特別顧問)

【NBRP実施機関から】
17:10~17:30
「田島・園田コレクション細胞 ~古モンゴロイド大陸移動の軌跡~」
檀上稲穂・中村幸夫
(中核的拠点整備プログラム[ヒト・動物細胞],理化学研究所バイオリソースセンター)

17:30~17:50
「野生メダカリソースに学ぶ性決定機構の多様性」
酒泉 満(中核的拠点整備プログラム[メダカ],新潟大学理学部)

【研究コミュニティから】
司会:漆原 秀子(筑波大学大学院生命環境科学研究科)
17:50~18:10
「感染症モデルとしてのショウジョウバエリソースの利用」
倉田祥一朗(東北大学大学院薬学研究科)

18:10~18:30
「植物培養細胞リソースを用いたペプチドホルモン探索」
松林 嘉克(名古屋大学大学院生命農学研究科)

司会:小幡 裕一(理化学研究所バイオリソースセンター)
18:30~18:50
「マウス利用者とリソースセンターの狭間で」
米川 博通 (NBRPマウス運営委員会委員長,東京都臨床医学総合研究所)

18:50~19:10
「モデル細菌研究のリソース整備と今後の展望」
小笠原 直毅
(NBRP原核生物遺伝資源(大腸菌・枯草菌)運営委員会委員長、奈良先端科学技術大学院大学)

19:10~19:15
閉会の挨拶
小原 雄治(NBRP推進委員長,情報・システム研究機構国立遺伝学研究所)

--

//
Takehide MuraTa Ph. D.
DNA Bank&s_comma; BioResource Center&s_comma; RIKEN
Tsukuba Science City&s_comma; Ibaraki 305-0074&s_comma; Japan.
e-mail: murata_t@brc.riken.jp
HP: http://www.brc.riken.jp/lab/dna/
phone: +81-29-836-3612&s_comma; fax: +81-29-836-9120

Japanese Address <<<<
305-0074 茨城県 つくば市 高野台 3-1-1
理化学研究所 筑波研究所
バイオリソースセンター
遺伝子材料開発室 (DNA Bank)
村田 武英,専任研究員
//




seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。