札幌シンポジウム「もの作りのための生命システムデザイン-分子・細胞・個体・フィールド-」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


日本生物工学会北日本支部札幌シンポジウム
「もの作りのための生命システムデザイン
 ― 分子・細胞・個体・フィールド ―」

主催:日本生物工学会北日本支部
共催:北海道大学グローバルCOEプログラム
    「触媒が先導する物質科学イノベーション」
   日本農芸化学会北海道支部
   北海道バイオ産業振興協会(HOBIA)
   日本食品科学工学会北海道支部
   北海道農芸化学協会

日時:2008年12月3日(水)13:30~17:15
場所:北海道大学百年記念会館

プログラム:
13:30- 開会の辞           
    (北海道大学大学院工学研究科)田口 精一
13:35- 人工塩基対システムの創製
    (理化学研究所、北海道大学大学院工学研究科)
    平尾 一郎
14:15- ロドコッカス属放線菌を宿主としたもの作り
    -多目的用途に利用可能なプラットフォームの開発
    (産総研ゲノムファクトリー)田村 具博
14:55- バイオプラスチック生産のための微生物工場と
    植物工場
    (北海道大学大学院工学研究科)松本謙一郎
15:50- 組換え植物による有用物質生産システムの開発
    (産総研ゲノムファクトリー)松村 健
16:30- 食料生産と競合しない植物からのもの作り
    ~草類バイオマスの利用~
    (北海道大学北方生物圏フィールド科学センター)
    山田 敏彦
17:10- 閉会の辞            
    支部長(東北大学大学院農学研究科)勝亦 瞭一

参加費:会員 500円,会員外 1000円,学生 無料
懇親会費:4000円(シンポジウム終了後17:30より
     開催いたします)
参加申込:11月26日(水)までに
     (1)氏名,(2)所属,(3)役職,
     (4)会員・非会員・学生の別,
     (5)懇親会参加希望の有無,をお知らせください。
申込先:北海道大学大学院工学研究科生物機能高分子専攻 
    藤原 政司
    E-mail: fujiwara@eng.hokudai.ac.jp