先週は失礼をいたしました。
 
 多分今月の半ばに発表される国家プロジェクトの審査を2日にわたり缶詰で、内閣府の会議室で行っており、残念ながら皆さんにメールを書くことができませんでした。しかし、このプロジェクトは我が国の再浮上を狙う規制緩和の提案を受ける重要なものでした。まるで平成の目安箱のように、全国各地からバイオの実用化や臨床研究に必要な規制緩和の要望が寄せられました。これを全部実現できたら、間違いなく日本は良くなります。続きはここをクリック。(宮田満)