International Meeting on Fluorinated-Peptide Chemistryが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


International Meeting on Fluorinated-Peptide Chemistry

ウェブサイト:
http://ocha-cosmos.com/cosmos/fluorinted-peptide/

薬剤の化学構造の水素をフッ素に置換することで薬理活性や選択制が向上するなど、含フッ素化合物は特異な性質を有し、医薬品や機能性材料として欠かすことのできない化合物です。
特に含フッ素アミノ酸はプロテオミクス、タンパク工学の観点からも非常に期待される化合物であり、そのペプチド、タンパクへの導入はゲノム創薬、オーダーメード医療分野への応用が可能であると考えられています。

フッ素ペプチド化学の最先端分野でご活躍中の先生を、国内外から
お招きしての講演会です。また、ランチミーティング形式のポスターセッションも企画しています。 たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

日時:2008年 11月 4日 (火) 9:00-17:00
場所:お茶の水女子大学文教育学部1号館1F第1会議室
   東京都文京区大塚 2-1-1
参加費:無料(ただし懇親会別途3000円 (学生1000円))
参加登録:下記サイトにて事前受付
http://ocha-cosmos.com/cosmos/fluorinted-peptide/top-japanese.html

プログラム(予定):
9:00-9:05     挨拶
9:05-9:50      尾島巌 (ニューヨーク州立大学)
9:50-10:20    宇根山健治 (岡山大学)
10:20-11:05    Matteo Zanda (C.N.R.-I.C.R.M)
11:05-11:35    矢島知子 (お茶の水女子大学)

11:35-13:15    ランチ&ポスターセッション

13:15-13:45   Peer Kirsch (Merck Ltd.Japan)
13:45-14:15    田口武夫 ( 東京薬科大学)
14:15-15:00   E.Neil.G.Marsh (University of Michigan)

15:00-15:15     休憩

15:15-15:45   山崎孝 (東京農工大学)
15:45-16:15   三上幸一 (東京工業大学)
16:15-17:00   Surya Prakash (University of Southern California)

17:30-19:00    懇親会

問い合わせ先:
お茶の水女子大学 本館2F 227 女性研究者支援プロジェクト<COSMOS>推進室
http://ocha-cosmos.com/cosmos/
電話/FAX (03)5978-5520

お茶の水女子大学 大学院 人間文化創成科学研究科 自然・応用化学系 助教
矢島 知子 (本講演会コーディネーター)
E-mail:yajima.tomoko@ocha.ac.jp
HP:http://www.sci.ocha.ac.jp/chemHP/naganoyajima/welcome.html

* この講演会はJST (日本学術振興会) から資金補助されています。
* 講演会の公用語は英語です。