***** seminarMLから情報転載 *****

「Women and Science」セミナー・交流会のお知らせ(東大・医)

10月16日(木)の17:00~18:00に行われます、
Jilly Evans 先生のセミナー("Development of FLAP inhibitors:
novel drugs for treatment of inflammatory diseases")の終了後に、
下記のとおり「Women and Science」セミナー・交流会を開
催します。この企画では、Jilly Evans先生から30分ご講演
いただいた後、Evans先生からいただきましたタイトル にも
ありますように、「Saki(=お酒、ワイン)」を楽しみながら、
研究者同士で意見交換する時間を設けます。参加費は無料です。
男女を問わず、多くの方々のご参加を歓迎いたします。 

       <記>

日時:10月16日(木)18:30~20:00
場所:東京大学大学院医学系研究科 教育研究棟6階 
  細胞情報研究部門内 セミナー室
演者: Dr. Jilly Evans (Amira Pharmaceuticals&s_comma; San Diego&s_comma; CA)
演題:「Saki&s_comma; Women and Science」
演者のご紹介、および、講演内容:

Jilly Evans&s_comma; PhD

BSc and MSc in Cell Biology (Auckland University&s_comma; New Zealand)
PhD in biochemistry (British Columbia&s_comma; Canada)
Postdoctoral research (McGill University&s_comma; Canada)
Merk & Co.を経て、バイオベンチャー、Amira Pharmaceuticals
を設立。
ロイコトリエン、プロスタグランジン合成経路、受容体
(GPCR)、阻害剤を研究
家族は夫と息子2人

  Jilly will share some advice on a successful scientific
career as a
woman and some of the lessons she has learnt through her 35 year
career in
science. Some of the key take home messages of her talk are to
believe in
your own abilities and be generous to yourself and others. Get help
with
applying for jobs and making presentations. Build networks and share
advice
with others. Keep learning and taking on new challenges throughout your
career.

お問い合わせ先:
東京大学大学院医学系研究科 
・疾患生命工学センター 放射線分子医学部門 
  細谷紀子 nhosoya-tky@umin.ac.jp
・分子細胞生物学専攻 生化学分子生物学(細胞情報研究部門)
  國枝香南子 k-kunieda@umin.ac.jp




seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。