***** seminarMLから情報転載 *****

さて、この度、第136回東京脂質談話会を下記要領にて行う事となりました。
ご都合が宜しければご出席頂きます様お待ちしております。
事前申し込みは不要でございます。

日時
平成20年10月15日(水)18時~19時

会場
東京大学医学部教育研究棟6階 細胞情報学教室セミナー室

演者
東京都臨床医学総合研究所・先端研究センター
科学技術振興機構さきがけ
小松 雅明 先生

演題
選択的オートファジーの破綻に伴う細胞内変動

要旨
我々は、主要な細胞内タンパク質分解系であるオートファジー欠損マウスの解析から、
オートファジーの不全がユビキチン陽性封入体の形成を伴った肝障害、神経変性疾患
を引き起こすことを報告してきた。さらに、ごく最近、非選択的なタンパク質分解経
路であると考えられてきたオートファジーの選択的基質としてユビキチン結合タンパ
ク質p62を同定し、オートファジーによるp62代謝不全が封入体形成を引き起こすこと
を発見した。本セミナーでは、オートファジーによるp62の代謝不全によって引き起こ
される細胞内変動およびその病態との結びつきを紹介したい。

ご参加のほどよろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ
03-5802-2925(内線23448)
原山 武士



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。