まずはスクープを。

 ヒトiPS細胞を京都大学の山中伸弥教授より早く樹立したと新聞で報道された、元バイエル薬品の桜田神戸リサーチセンター長が、今年、就任した米国の有力ヒトiPS細胞開発ベンチャー企業であった、米iZUMI Bio社の最高科学責任者を辞して、帰国していることが判明しました。いよいよヒトiPS細胞の事業化は第二段階に進む予感がいたします。BioJapan2008でも山中伸弥教授が10月16日と17日、2回も講演することに加え、京都大学が設立、ヒトiPS細胞のライセンスを担当する企業、iPSアカデミアがデビューいたします。会場を拡大しましたが、山中伸弥教授の講演は残念ながら17日は満員札止め、16日午前12時から午後2時半のC-5ももう札止め寸前です。下記より事前登録をお急ぎ願います。
https://biojapan2008.com/public/application/add/37?lang=jp
続きはここをクリック。(宮田満)