東海大学MCBSプログラム・10月-12月の特別集中講義が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


東海大学大学院医学研究科クリニカルバイオメディカル情報科学マスターコースでは、10月~12月に開催予定の集中講義の聴講生を募集しております。

■「Bioinfomatics Literacy-特別講演」
  10月3日(金)・10月7日(火)・10月10日(金)・10月14日(火)
講義案内:
http://mcbs.med.u-tokai.ac.jp/mcbs/literacy2008syousai.html

■「Pharmacoepidemiology」
10月20日(月)~24日(金)
講義案内:
http://mcbs.med.u-tokai.ac.jp/mcbs/Pharmacoepidemiology2008syousai.html

■「The Principles of Medical Research
         -Basic Epidemiology-」
11月21日(金)~24日(月・祝)
講義案内:
http://mcbs.med.u-tokai.ac.jp/mcbs/basicepidemiology2008syousai.html

◆お申込方法:
受講希望科目名・氏名・所属を明記の上、
 genome@m.med.u-tokai.ac.jp までメールをお送りください。
 メール受信後、追ってご連絡いたします。
※全日出席できる方を優先させていただきます。

◆主催
文部科学省科学技術振興調整費新興分野人材養成ユニット
東海大学大学院医学研究科クリニカルバイオメディカル
 情報科学マスターコース

☆講義の詳細は下記、またはホームページをご覧下さい。
MCBSホームページURL: http://mcbs.med.u-tokai.ac.jp/mcbs/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「Bioinfomatics Literacy-特別講演」の聴講生募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ゲノムネットデータベースの活用法を始め、
 昨年より一部カリキュラム及び講義内容を変更致しました。

◆日時: 10月3日(金)・10月7日(火)
10月10日(金)・10月14日(火)〔4日間〕
    5:00pm-8:00pm

◆会場: 東海大学伊勢原キャンパス1号館5階
MCBS講義室(5D01)
アクセスURL: http://www.u-tokai.ac.jp/hospital/fuzoku/access/index.html

◆講師:
1)田中 剛 /(独)農業生物資源研究所
ゲノム情報研究ユニット研究員
2)小倉 淳 /お茶の水女子大学お茶大
アカデミックプロダクション 特任助教
3)今西 規 /(独)産業技術総合研究所
分子システム情報統合チーム 研究チーム長 
4)池尾 一穂/(大学共同利用法人)国立遺伝学研究所
生命情報・DDBJ研究センター 准教授 

◆講義内容:
 1)10月 3日(金)遺伝子ネットワーク解析
 2)10月 7日(火)バイオインフォマテクスのための
Perlプログラミング
 3)10月10日(金)H-invデータベース活用法
 4)10月14日(火)ゲノムネットデータベースの活用法

◆使用言語: 日本語

◆参加費: 無料 (事前申込み・先着順) 定員20名

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「Pharmacoepidemiology」の聴講生募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日時: 2008年10月20日(月)~10月24日(金) 〔5日間〕
    9:00am-5:00pm

◆会場: 東海大学伊勢原キャンパス1号館5階
MCBS講義室(5D01)
 アクセスURL: http://www.u-tokai.ac.jp/hospital/fuzoku/access/index.html

◆講師: Patrick Arbogast准教授 (Vanderbilt大学・アメリカ)
 米国Vanderbilt大学のBiostatisticsとPreventive Medicine、
2分野で准教授として活躍している。VioxxなどのCOX2阻害剤
と心血管イベントとの関連を始め、薬剤疫学の分野でもLancet
など多くの論文を発表してきた。公衆衛生大学院
BiostatisticsやClinical Epidemiologyクラスで教鞭をとり
Propensity scoresやRisk scoresの応用例など、多くの実例に 裏付けられた講義は定評が高い。


◆講義内容: 
・Study designs available for pharmacoepidemiology
  studies
 ・Sample size considerations for 
pharmacoepidemiologystudies
 ・Sources of pharmacoepidemiology data
 ・Bias and confounding in pharmacoepidemiology
 ・Sensitivity analysis
 ・Determining causation from case reports
 ・Propensity scores disease risk scores
 ・Interrupted time series

 
◆使用言語: 英語

◆参加費: 無料 (事前申込み・先着順) 定員20名

◆応募締切日: 10月8日(水)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「The Principles of Medical Research
       - Basic Epidemiology -」の聴講生募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日時: 2008年11月21日(金)~11月24日(月・祝)〔4日間〕
9:00am-7:00pm

◆会場: 未定(東京もしくは伊勢原・東海大学医学部校舎)
  決まり次第HPでお知らせいたします。
  ホームページURL:
http://mcbs.med.u-tokai.ac.jp/mcbs/index.html

◆講師: Karel G.M. Moons教授 (UMC Utrecht 大学・オランダ)
 オランダの臨床疫学者 Karel Moons教授による集中講義は、
毎回参加者のみなさんから、とてもわかりやすい講義だと
ご高評いただいております。

◆講義内容:
・The relevance of the study question and how to
formulate
a (clinically) relevant study question.
・How to measure the occurrence (frequency) of
epidemiological
outcomes(such as diseases mortality events
complications) in a cohort or in a dynamic population:
prevalencecumulative incidence and incidence rates.
・The design of epidemiological studies:
randomized clinical trials cross sectional studies
follow-up and case-control studies
prospective and retrospective studies.
・The bias and validity in epidemiologic studies.
・Measures of association in epidemiologic studies:
risk ratio rate ratio risk difference
number needed to treat odds ratio.
・Measurement in epidemiologic research
including measurement errors.
・Introduction to data analysis including the use and
misuse of p-value versus confidence intervals.   
 
◆使用言語: 英語

◆参加費: 無料 (事前申込み・先着順) 定員:40名

◆応募締切日: 11月7日(金)

-----------------------------------------------------
問い合わせ先
東海大学大学院医学研究科(臨床薬理学)
クリニカルバイオメディカル情報科学マスターコース事務局
Mail:genome@m.med.u-tokai.ac.jp
Tel: 0463-93-1121 Ext 2560
Fax: 0463-93-2896
担当:森島、飯島、米澤、高木
-----------------------------------------------------