第290回CBI学会研究講演会「半経験的分子軌道法MOPACを分子設計に活用する」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第290回CBI学会研究講演会

「半経験的分子軌道法MOPACを分子設計に活用する」


日時:2008年10月6日(月)13:00-17:20
場所:日本化学会 化学会館7Fホール
東京都千代田区神田駿河台1-5(JRお茶の水駅下車、徒歩4分) 

世話人:平山令明(東海大学・医学部)

開催趣旨:

医薬分子を含む機能性分子の創製に先立ち、合成すべき分子の特性を理論化学的に予測しながら、分子設計を行うことは、今や常識と言っても過言ではありません。さらに、実際に分子を合成する条件を決定するために、合理的な反応設計を行うことも限定的に試みられつつあります。分子設計や反応設計を行う過程では、分子の静的あるいは動的な物理化学的性質を理論的に予測する必要があります。その際、分子内の電子の挙動を直接的に計算することのできる分子軌道法は非常に有用であり、このような計算には不可欠の方法と言えます。特に半経験的分子軌道法は実験値との擦り合わせを行うのに必要な十分の精度を有しているだけではなく、最近のコンピュータでは非常に手軽に実行できるという大きな利点を持っています。コンピュータの進歩により、より精度を高めた非経験的な分子軌道法の実用化に伴い、ともすれば半経験的分子軌道法の価値が低く見られる傾向がありますが、その実用価値は現在でも非常に高いと言えます。今回の研究講演会では、半経験的分子軌道法のプログラムとして最も広く使用されているMOPACを中心に、最近の半経験的分子軌道法の進歩とその活用の仕方、更には実例について、各分野で活躍されている研究者に御講演をお願いすると共に、この方法についての今後の問題について議論をする機会を持ちたいと思います。MOPACを頻繁に使われている方だけでなく、これから使ってみようと思っている方、また分子設計の際に分子力場計算だけでは物足りなさを感じている方、そして分子軌道法自身に興味を持たれている多くの方々のご来聴を歓迎致します。

------------------------------------------
プログラム

1.13:00-13:10
はじめに
 平山令明 (東海大学・医学部)

2.13:10-13:50
「材料設計における分子軌道法の応用」
 山本博志 (旭硝子株式会社)

3.13:50-14:30
「分子計算支援システムの紹介-MOPACをより使いやすくするために-」
 千田範夫  (テンキューブ研究所)

4.14:30-15:30
「In silico合成経路開発 医薬分子の創製に向けて」
  堀 憲次 (山口大学大学院理工学研究科)

休憩15:30-15:50

5.15:50-17:00
Current Status of the semiempirical program MOPAC2007
  James Stewart (Stewart Computational Chemistry)

6.17:00-17:20
総合討論 


講演会参加費:
CBI学会法人賛助会員: 無料
CBI学会個人会員(非営利):無料
CBI学会個人会員(一般企業):\5000
ビジター(非営利):\1000
ビジター(一般企業):\10000

出席を希望される方は事前に必ず事務局セミナー受付seminar@cbi.or.jp に連絡してください。

連絡先:CBI学会事務局 セミナー受付 E-mail:seminar@cbi.or.jp
〒158-0097東京都世田谷区用賀4-3-16イイダビル301
TEL:03-5491-5423  FAX:03-5491-5462  http://www.cbi.or.jp/