第9回 IPABシンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


===================================================================
第9回IPABシンポジウム
 IPAB2008 / AHeDD2008 合同シンポジウム
 ~創薬・ゲノム・医療情報処理のアクセラレーション~

日 時 :  2008年10月16日(木)~17日(金)
場 所 :  SGIホール(恵比寿)
    (東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワーB1階)
参加費:  無料 【要事前登録】
URL:   http://www.ipab.org/IPAB2008-AHeDD2008-Joint-Symposium

■主催:
特定非営利活動法人 並列生物情報処理イニシアティブ (IPAB)
AHeDD 2008実行委員会

■協賛:(依頼中を含む)
東京工業大学グローバルCOE 「計算世界観の深化と展開」
日本バイオインフォマティクス学会
CBI学会
人工知能学会
情報処理学会 (バイオ情報学研究会 数理モデル化と問題解決研究会
ハイパフォーマンスコンピューティング研究会)
Bioinformatics and Molecular Design Research Center (BMDRC) Korea
Drug Discovery and Design Center (DDDC) China

■シンポジウムのテーマ:
アクセラレータ技術(GPGPU Cell/B.E.他)とその生物医学的応用、製薬
支援のための計算技術(virtual screening ADME 等)、医療情報学、
その他のバイオインフォマティクスまたは計算生物学に関連した話題。

■使用言語:
第1日:日本語および英語
第2日:英語


■ご挨拶
 特定非営利活動法人 並列生物情報処理イニシアティブ(IPAB)は、
並列処理やグリッド技術などの最先端の情報工学の手法を最大限に活用
することにより生命科学の難問の解決に貢献し、その成果の産業化およ
び社会還元を目指しています。1999年に任意団体として出発して以来、
バイオインフォマティクス技術を中心とした啓蒙と異分野間の人的交流
に努めて参りました。毎年のシンポジウムは、会員以外の方々に広く情
報を発信する場として特に力を入れてきました。
 本年の第9回シンポジウムは、「創薬・ゲノム・医療情報処理のアク
セラレーション」というテーマを掲げ、初めて2日間の連続開催としま
した。第一日は、平成20年度に設置した3つのワーキンググループの
主査がそれぞれ企画し、アクセラレータ技術、医療情報学、創薬情報学
の3分野のセッションを用意しています。学界及び産業界で先端的な活
躍をされている方々に御講演をお願いすることができました。
 今年は特に、韓国・中国・日本などのアジア諸国の創薬支援研究者が
集まるAHeDDプロジェクトの第5回シンポジウム(AHeDD2008)と合同開
催の形を取ることになり、第2日はAHeDDに関連した海外の著名研究者
をお呼びした国際的なセッションを企画しました。各国の学会長クラス
の先生方から、気鋭の若手研究者まで、広く参加されます。IPABでは
AHeDD(Asia Hub for e-Drug Discovery)プロジェクトを支援し国内に
紹介していく予定です。海外参加者を中心としたポスター発表も開催し
ます。恒例の企業展示も是非お楽しみ下さい。


■IPAB2008 / AHeDD2008合同シンポジウム プログラム

・第1日: 10月16日(木) “IPABの新展開”

10:00-10:05 開会のご挨拶
 秋山 泰 (IPAB理事長 / 東工大)

10:05-11:45 セッション1: アクセラレータ技術
 企画: 小西史一 (IPAB副理事長,アクセラレータWG主査 / 東工大)
10:05-10:35 佐貫俊幸 (日本アイ・ビー・エム(株) 技術理事)
“ペタ・スケール・コンピューティングに向けての挑戦”
10:35-11:05 田村陽介 ((株)フィックスターズ CTO)
“Cell/B.E.におけるソフトウェア開発の現状と応用事例”
11:05-11:35 橋本昌嗣 (日本SGI(株) CTO)
“GPUコンピューティングの可能性” (仮題)
11:35-11:45 小西史一 (東工大)
“IPABにおけるアクセラレータWG活動の紹介”

11:45-13:00 昼休み
 企業によるランチョンセミナー(参加無料)を企画中
 企業展示、および学術ポスター展示

13:00-13:50 特別講演
 萩原兼一 (大阪大学 大学院情報科学研究科)
 “GPGPUによる医用画像処理について”

13:50-15:20 セッション2: 医療情報学
 企画: 日紫喜光良 (IPAB理事,医療情報学WG主査 / 東邦大学)
13:50-14:20 日紫喜光良 (東邦大学 理学部情報科学科)
“IPABにおける医療情報学への取り組み”
14:20-14:50 鈴木 穣 (東京大学 大学院新領域創成科学研究科)
“次世代シークエンサーを用いた完全長cDNAの解析”
14:50-15:20 水島 洋 (東京医科歯科大学 疾患生命科学研究部)
“診療情報と分子情報の網羅的データベース(iCOD)の構築”

15:20-16:00 コーヒーブレイク
 企業展示、および学術ポスター展示

16:00-17:30 セッション3:創薬情報学とAHeDD
 企画: 秋山 泰 (IPAB理事長,創薬情報学WG主査 / 東工大)
16:00-16:30 Prof. Kyoung Tai No (Yonsei University / BMDRC Korea)
“Development of e-Organ and Its Application for Drug Repositioning”
16:30-17:00 広川貴次 (産総研 生命情報工学研究センター)
“活性部位形状フィンガープリントを用いたバーチャルスクリーニング”
17:00-17:30 Prof. Weiliang Zhu (DDDC SIMM China)
“Exploring Functional Conformations of Target Protein for Drug
Discovery by Molecular Dynamics”
17:30 終了予定

18:00-20:00 懇親会
 ビヤステーション恵比寿 (恵比寿ガーデンプレイス内)
 参加費2000円(予定)


・第2日: 10月17日(金) “Asia Hub for e-Drug Discovery”

10:00 開場
10:30-10:45 AHeDDプロジェクトの紹介
 Prof. Kyoung Tai No (Yonsei University / BMDRC Korea)
 Prof. Weiliang Zhu (DDDC SIMM China)
 Prof. Yutaka Akiyama (Tokyo Tech. Japan)

10:45-12:15 セッション4: Frontiers of Drug Discovery Research
 Chair: Prof. Kyong Tai No (Yonsei University / BMDRC Korea)
10:45-11:15 Dr. Sungchul Chung (STEPI Korea)
“Opportunities for S&T Cooperation in East Asia”
11:15-11:45 Prof. Yun Tang (ECUST China)
“New potential inhibitor binding sites identified in HIV-1 integrase”
11:45-12:15 Dr. Tohru Natsume (BIRC AIST Japan)
“Systematic Analysis of Protein Interaction Networks”

12:15-13:30 昼休み
 企業展示、および学術ポスター展示

13:30-14:20 特別講演
 Prof. Toshihisa Ishikawa (Tokyo Tech Japan)
 “Transporter mechanism-based drug molecular design: High-speed
 screening QSAR analysis and molecular orbital calculation”

14:20-15:50 セッション5: Challenges for Important Targets
 Chair: Prof. Weiliang Zhu (DDDC SIMM China)
14:20-14:50 Prof. Hong Gil Nam (POSTECH Korea)
“Molecule-Level Imaging of Pax6 mRNA Distribution in Mouse Embryonic
Neocortex by Molecular Interaction Force Microscopy”
14:50-15:20 Prof. Baik Lin Seong (Yonsei University Korea)
“Common Vaccine Platform for Seasonal and Pandemic Influenza”
15:20-15:50 Dr. Tomoko Niwa (Nippon Shinyaku Co. Ltd. Japan)
“Elucidation of Characteristic Structural Features of Protein
Kinases: A Neural Network Approach”

15:50-16:30 ポスター発表
 講演者の説明付き  コーヒーサービス

16:30-18:00 セッション6: Novel Computing Techniques for Drug Design
 Chair: Prof. Hiroshi Chuman (The University of Tokushima Japan)
16:30-17:00 Prof. Jianfeng Pei (Peking University China)
“De novo drug design - to be a more practical approach”
17:00-17:30 Dr. Kunqian Yu (DDDC SIMM China)
“Drug discovery Grid of China”
17:30-18:00 Dr. Toshio Watanabe (RICS AIST Japan)
“Molecular Orbital Calculation for Large Molecule with Sakurai-
Sugiura Method on Grid Computing Environment”

18:00 閉会の辞

===================================================================