先週の金曜日、涼しい仙台で遺伝子診療学会に参加していたところ、突然の訃報が届きました。独立行政法人医薬品医療器機総合機構でバイオ医薬や細胞医薬の認可のエンジンとして奮闘していた、同機構生物系審査第一部長の田中克平氏が、齢50歳という若さでお亡くなりになったのです。続きはここをクリック。(宮田満)