ゲノム情報利用ワークショップ2008@かずさが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


新型シーケンサの出現により、安価に大容量の塩基配列を決定することが可能となり、高速に均一な品質のゲノム注釈を実施する系を提供する必要性がますます高まってきています。そこで配列注釈系の標準化・自動化に関する情報交換と議論を目的としたワークショップを企画いたしました。

プログラム詳細等は今後こちらに追加いたします。ご覧ください。
http://wiki.kazusa.or.jp/Workshop2008

日時
• 7/11(金)13:20 - 17:30
• 会場: かずさアカデミアホール 201B 会議室(千葉県木更津市)

プログラム(仮)

• 1:20 - 1:30「はじめに」中村保一(かずさディー・エヌ・エー研究所)
• 1:30 - 3:00 セッション1: ゲノムアノテーションの基盤となる技術を考える
• 片山俊明(東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター)
• 伊藤真純(北海道大学大学院情報科学研究科)
• 坊農秀雅(ライフサイエンス統合データベースセンター)
(休憩)
• 3:15 - 5:15 セッション2: ゲノムアノテーションの自動化・標準化に向けて
• 守屋勇樹(京都大学化学研究所バイオインフォマティクスセンター)
• 重元康昌、菅原秀明(国立遺伝学研究所・DDBJ)
• 黒川顕(東京工業大学大学院生命理工学研究科)
• 川島武士(沖縄科学技術研究基盤整備機構)
• 5:15 - 5:30「おわりに」高木利久(ライフサイエンス統合データベースセンター)

参加登録

「ゲノム情報利用ワークショップ2008参加登録」の表題で、下記の情報を genome2008@kazusa.or.jp 宛に電子メイルでおおくりください。

• 氏名:
• 氏名ふりがな:
• 所属:
• メイルアドレス:
• 今後かずさ開催のワークショップ等のお知らせをお送りしてもよいか:可・否

※お名前とご所属は、参加予定者リストにて公開いたします。

中村 保一 http://ynlab.kazusa.or.jp/~yn/

かずさDNA研究所 植物ゲノム情報研究室
東京大学大学院 新領域 情報生命科学専攻
電話 0438-52-3951 (電紙 3918)