土曜日の夕方に、BIO2008の開催地、San Diegoからやっと帰国しました。今回は米アリゾナ州も訪問、彼地の気温43℃とSan Digoの気温20℃、そして東京の気温25℃と、まあ世界はなんと多様なのでしょうか?

 まさか6月がアリゾナ州で最高に暑い時期とは知らず、強烈な砂漠初体験をいたしました。しかし、世界の均質化が進んでいる現在、3月のインド、6月のアリゾナ州で、まだまだエキゾチックな地域が残っていることを実感できたのは幸いでした。まだまだ地球は面白い。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/3968/ 
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/3870/ 
続きはここをクリック。(宮田満)