酵素工学研究会30周年記念シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


     酵 素 工 学 研 究 会 30 周 年 記 念 シ ン ポ ジ ウ ム


日 時 : 平成20年11月13日(木)13:00 ~ 14日(金)17:10

会 場 : 千葉県木更津市 かずさアカデミアホール 202B会議室

      かずさアーク http://www.kap.co.jp/
      かずさアカデミアホール http://www.kap.co.jp/hall/

参加費(懇親会費込み):
      酵素工学研究会会員 15000円、
      非会員 18000円(ぜひご入会をご検討ください)
      学生 8000円

会員申込: 随時(年会費 個人会員 3000円、団体会員1口30000円)

参加申込・問合せ先: 酵素工学研究会事務局
              (何なりとお問い合わせください)
      〒606-8502 京都市左京区北白川追分町
      京都大学大学院農学研究科 応用生命科学専攻
      発酵生理学研究室内
      TEL・FAX 075-753-6462  enzyme@adm.kais.kyoto-u.ac.jp



        ===== プ ロ グ ラ ム =====


11月13日(木)

 13:00~13:15 開会の辞

 13:15~14:00 基調講演 土佐哲也(酵素工学研究会名誉会員)

        『酵素工学研究会の昔話』


 14:00~14:30 記念講演 長棟輝行(東大院工)

        『酵素を利用した蛋白質の部位特異的修飾技術の新展開』


 14:30~14:40 (コーヒーブレーク)

 14:40~15:40 ショートトーク(若手プレゼンテーション)

 15:40~17:25 ポスター内容プレゼンテーション

 17:25~17:45 展示・企業内容プレゼンテーション

 17:45~18:45 ポスターセッション、ミキサー

 19:00~21:00 懇親会(於 オークラアカデミア宴会場)



11月14日(金)

  9:00~ 9:45 記念講演(I) 浅野泰久(富山県立大工)

        『有用酵素の新機能開拓と産業利用』


  9:45~10:30 記念講演(II) 横関健三(味の素アミノサイエンス研/京大院農)

        『企業からみた酵素工学の未来と展望』


 10:30~10:45 (コーヒーブレーク)


 10:45~11:30 招待講演 Hak-Sung Kim(KAIST、Korea)

        『演題未定』


 11:30~13:00 (休憩)


 13:00~13:45 招待講演 Cheng Jin(Institute of Microbiology China)

        『Glycosidase and glycosyltransferase in fungus Aspergillus
         fumigatus』


 13:45~14:30 記念講演(III) 黒木良太(日本原子力機構)

        『X線と中性子を用いて解析したヒト免疫不全ウイルス
         プロテアーゼ - 阻害剤複合体の立体構造』


 14:30~14:45 (コーヒーブレーク)


 14:45~15:30 記念講演(IV) 橋本信一(協和発酵工業)

        『in silico スクリーニングによるジペプチド合成酵素の発見と
         その応用』


 15:30~16:15 記念講演(V) 近藤昭彦(神戸大院工)

        『細胞表層工学の応用
         - 植物系バイオマスからのバイオエタノール生産』


 16:15~16:25 平成20年度酵素工学奨励賞 授賞式

 16:25~17:00 受賞講演 松浦友亮(阪大院情報科学)

        『無細胞翻訳系を利用したタンパク質の機能改変に関する研究』


 17:00~17:10 閉会の辞