平成20年日本応用糖質科学会東日本支部シンポジウム「バイオエタノールを超えて ~一歩先の応用糖質研究~」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


日 時:平成20年7月4日 金曜日 10:00~17:00

場 所:東京大学山上会館(東京都文京区本郷7-3-1、電話03-3818-3008)

主 催:日本応用糖質科学会東日本支部

参加費:一般2000円、学生無料



1.開会の辞    支部長 日本大学生物資源科学部       春見隆文 10:00~10:10



2.講 演

2-1 今がチャンス-バイオ燃料生産に対する時代的要請とともに進化するセルラーゼ科学

東京大学大学院                    鮫島正浩 10:10~11:05

2-2 バイオマスの熱化学変換によるメタノール生産技術の展開

長崎総合科学大学                   坂井正康 11:05~12:00



昼食 12:00~13:00、支部総会 13:00~13:20



2-3 動き出すバイオエタノールの研究開発と今後のバイオマス分野の展開

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構       高田和幸 13:20~14:10

2-4 Fuel Ethanol Overview-Global Markets

Novozymes A/S David Zhuang 14:10~15:00



休憩 15:00~15:15



2-5 オミクス時代の発酵生産菌育種戦略-発酵有機質源についての考察から-

協和発酵工業株式会社                 穴澤秀治 15:15~16:05

2-6 イネの総合利用に向けた茎葉糖質の量的・質的制御の可能性

(独)農業・食品産業技術総合研究機構 作物研究所   

近藤始彦 16:05~16:55



3.閉会の辞     信州大学工学部              神田鷹久 16:55~17:00



懇親会(山上会館1F「ラウンジ ハーモニー」) 17:10~

(懇親会参加費:一般5000円 学生2000円予定)



当日参加も受け付けますが、事前参加登録にご協力下さい

連絡先:(独)産業技術総合研究所 生物機能工学研究部門 酵素開発研究グループ内 矢追克郎

Tel 029-861-7867 Fax 029-861-6733 E-mail k-yaoi@aist.go.jp