RIBONUCLEASE H 2008が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


RIBONUCLEASE H 2008


Ribonuclease H (RNase H)はDNAの複製や修復に関する重要な酵素である。ほとんどの真核細胞生物では2種類のRNase H (H1とH2)が存在し、それらは正常の細胞にとって重要な働きをするばかりでなく、疾病との関係も深い。例えば、ヒト免疫不全ウイルスHIVのもつ逆転写酵素にはRNase Hドメインが存在し、これは真核細胞生物のもつRNase H1と類似した活性を示す。そこで、本酵素に関する最新の成果を研究者間で密接に交換し、今後の研究発展、交流のために国際会議を開催する。

日時: 平成20年 9月22日(月)~25日(木)
場所: 慶應義塾大学先端生命科学研究所センター棟(山形県鶴岡市)
主催: 慶應義塾大学先端生命科学研究所
後援: Merck & Co. Inc. (Whitehouse Station New Jersey USA)

Organizers:
Akio Kanai (Keio University Japan) and Mitsuhiro Itaya (Keio University Japan)
Co-Organizer:
Robert J. Crouch (NICHD NIH USA)
Local Organizing Committee:
Masaru Tomita (Keio University Japan) Shigenori Kanaya (Osaka University Japan)

発表内容:
1) Retroviral RNase H (reverse transcriptase) as potential therapeutic targets
2) Involvement of RNase H in antisense therapies
3) Physiological functions of RNase H
4) Substrate recognition and catalytic mechanism of RNase H
5) Structures and functions of RNase H from various organisms
6) Others

参加費:一般 30000円 /学生15000円

定員:約100 人(定員になり次第、締め切らせていただきます)

参加申込・問い合わせ先など:
http://rnaseh2008.iab.keio.ac.jp/ (要事前申込)
RNase H 2008 Secretariat
C/o JTB Communications Inc.
電話: 03-5403-7834 Fax: 03-5403-7839
Email: rnaseh2008-staff@iab.keio.ac.jp