まずは注目ニュースです。

 組み換え血小板由来成長因子を添加した軟膏で、がんの死亡率が有為に上昇し、米食品医薬品局が添付文書を改訂し、リスクを警告しました。発売後11年経って副作用が明確に認識されたのです。現在、商品化もしくは臨床開発中の成長因子製剤に影響が出る可能性があります。いずれにせよ、日本が世界をリードしている市販後調査の重要性が認識されました。詳細は下記よりアクセス願います。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/3649/
続きはここをクリック。(宮田満)