市民公開講座「がんペプチドワクチンはここまで進歩した!」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


久留米大学市民公開講座in東京「がんペプチドワクチンはここまで進歩した!」を下記の日程で開催いたします。がんの免疫療法であるペプチドワクチンについて最新事情を交えながらご紹介いたします。皆様ふるってご参加ください(入場無料)。


日時:平成20年6月14日(土) 13:00(12:30開場)
会場:一橋記念講堂(学術総合センター内、東京メトロ神保町または竹橋より4分)
主催:久留米大学先端癌治療研究センター
入場無料、事前申し込み不要
事務局:久留米大学先端癌治療研究センターがんワクチン分子部門 山田 亮
福岡県久留米市旭町67(〒830-0011) 
    電話:0942-31-7744 Fax:0942-31-7745
問い合わせ:事務局に同じ(担当:納富)

第1部 がんペプチドワクチンの最前線 
司会:山田 亮(久留米大学先端癌治療研究センター)
前立腺がん 野口正典(久留米大学泌尿器科)
膵がん 柳本泰明(関西医科大学外科)
脳腫瘍 山中龍也(久留米大学先端癌治療研究センター)
胃がん・大腸がん 佐藤裕二(河北総合病院)


第2部 パネル討論「がん・ワクチン・生命」(15:15-16:00)
司会:伊東恭悟(久留米大学免疫学)