***** seminarMLから情報転載 *****

下記の研究会を行いますので、みなさまご参加のほど、よろしくお願いします。

新しい話題として、閉経後骨粗しょう症の治療薬・ビスフォスフォネート
の新しい副作用を扱います。これは同薬で現在問題となっている顎骨壊死(BRONJ)
を上回る大問題で、本邦未公開です。

また、東京での勉強会で反響を呼んだ、a)薬害肝炎裁判と救済法、
b)医療安全調査委員会についても、討議いたします。

時間があれば、c)IOMレポート『人は誰でも間違える』は間違っていた、
d)いわゆる医療崩壊を考える、なども話題提供しようと思います。
(おそらく、時間切れになると思いますが。)

斉尾
**********************************************************************
http://mi.hospital.okayama-u.ac.jp/hal/ 

第5回 医療情報システム研究懇談会 in 岡山

日時:2008年6月15日(日) 9時 ~13時頃
場所: 岡山大学病院
入院棟 11階 カンファレンス室G
   (病院正門を通り、外来棟玄関から入ると案内係がいますので尋ねて下さい。)


〒700-8558 岡山市鹿田町 2-5-1
参加費:無料

主催:岡山大学病院 医療情報部

プログラム(話題提供):
医療安全調査委員会は真実を明らかにできない
     話題提供:斉尾武郎(フジ虎ノ門健康増進センター)

骨粗しょう症治療のパラドックス
     話題提供:斉尾武郎(フジ虎ノ門健康増進センター)

薬害肝炎裁判と救済法
     話題提供:栗原千絵子(放射線医学総合研究所)

その他

参加申し込み:
電子メールにて、件名を“医療情報システム研究懇談会参加希望”とし、
本文に、氏名、所属、メールアドレスを記載し、下記アドレスへ2008年
6月10日までにお申し込み下さい。

参加可能な人数に限りがありますので、かならず、事務局に参加申し込み
をお願いします(キャンセルの場合もかならずご連絡ください)。

--------------------------------------------------------------------------------
事務局:
岡山大学病院 医療情報部
〒700-8558 岡山市鹿田町2-5-1
電子メール:mi@md.okayama-u.ac.jp 
(連絡には出来るだけ電子メールをご利用下さい。)



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。