iPS細胞を開発した京都大学の山中教授は、一躍時代の寵児となり、あらゆる学会に引っ張りだことなっておりますが、この1ヶ月間、実は講演のキャンセルが相次いでいました。漏れ聞くところ体調不良のため。
 いくら格闘技マニアだといっても、あれだけのハードスケジュールは体に悪い、と心配していました。続きはここをクリック。(宮田満)