大学院留学セミナー 『アメリカの大学院、留学と留学生活、研究環境』が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


主催:カガクシャ・ネット
後援:東京農工大学国際センター

大学院留学セミナー

『アメリカの大学院、留学と留学生活、研究環境』

世界がフラット化するにつれて、研究の世界もグローバル化が進んでいます。これからの科学者は視野を広めるために、研究留学することがますます必須となっていますが、大学院から留学するという選択肢が脚光をあびつつあります。特に、一流の研究者を育てるための教育・サービスが非常に充実している、アメリカの大学院は、世界中から優秀な学生を集めています。今回のセミナーでは、実際に大学院留学を経験した杉井氏をはじめとする留学経験者が、主にアメリカの大学院に入学する方法や研究環境について紹介し、みなさんの質問にお答えします。学内外の参加を歓迎します。留学全般の話もしますのでアメリカ以外の留学を考えている方もぜひ参加してくだ
さい。

セミナースピーカー
杉井重紀博士: ダートマス大・分子生物学専攻・現ソーク研究所研究員・カガクシャネット主宰

○日時:2008年5月22日(木)午後5時~午後6時半

午後5時00分~午後5時45分 杉井博士による講演
午後5時45分~午後6時30分 他の留学経験者を交えて質疑応答
午後6時30分~ 懇親会

○場所:東京農工大学農学部本館21番教室(地図内10番の建物)
○参加費:無料

予定している講演内容は

➢ 米国の大学院の種類
➢ 米国大学院の特徴
➢ 大学院留学 or 研究留学?
➢ アメリカ or 他の海外?
➢ なぜアメリカの院を選んだか ~ 経験者のエッセイをもとに
➢ アメリカの院に行ってよかったこと ~ エッセイから
➢ 日本の院の方が良い点 ~ エッセイから
➢ 入学試験・出願方法
➢ 入学に有利な条件
➢ 大学院のコースワーク(1年目・2年目・3年目以降・通年)
➢ 米国大学院の問題点
➢ 留学生活 ~ 都会か田舎か
➢ 大学院留学を成功させるために ~ 成功者の秘訣
➢ 博士号取得後の進路 ~ 就職難
➢ 米国アカデミアのシステム
➢ 研究者としての環境

などです。

【本セミナーに関する問合せ先】
東京農工大学地域生態システム学科 斎藤広隆
Email: hiros at cc.tuat.ac.jp Tel/Fax: 042-367-5584

http://www.tuat.ac.jp/~icenter/Kagakusha_seminar08.pdf