国際シンポジウム 新しいシークエンス技術とメタゲノム解析のインパクトが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


国際シンポジウム 開催のご案内

 新しいシークエンス技術とメタゲノム解析のインパクト
 ~Current topics in metagenomics and new sequence technologies

日 時: 2008年5月28日(水) 13:00-17:40
会 場: 東京大学農学部・弥生講堂(一条ホール)

メタゲノム解析手法の導入と新世代DNAシークエンサーの登場により、ゲノム研究の世界では今、新しい展開が始まりつつあります。メタゲノム解析は、難培養微生物が多数含まれる微生物集団の機能や動態を本格的に解析するための新しい手段になると期待され、新世代DNAシークエンサーの出現はスピードとコストの両面において、ゲノム配列解析の効率を飛躍的に高めました。また、新世代DNAシークエンサーはDNAマイクロアレイなどにとって替わりうる新しい研究ツールとしても期待されます。こうした技術的進歩も背景に、1000人のヒトゲノム配列を解読しようとするプロジェクトや、ヒト常在菌1000種のゲノム配列とそのヒト体内の動態を明らかにしようという大規模なプロジェクトがEUおよび米国で始まりました。中国でも、こうしたEUや米国のプロジェクトと連携したゲノム解析が計画されています。このような世界のゲノム研究の新たな展開とそのインパクトを、微生物を中心に紹介し、我が国における課題を考えていくためのシンポジウムを、EUのメタゲノムプロジェクトの代表者や英国・中国のシークエンスセンターの中心的な研究者も招待して、緊急に企画しました。多くの方々の参加をお待ちしています。

【プログラム】
13:00-13:10
Opening Remarks  林 哲也(宮崎大学)

13:10-13:50
MetaHIT the European project on the metagenomics of the human intestinal tract
MetaHIT ヒト腸内細菌叢のメタゲノム解析を目指すEUプロジェクト
S. Dusko Ehrlich (French National Inst. for Agricultural Research)

13:50-14:30
Exploration of deep subsurface environment by metagenomic analysis
地下深部環境をメタゲノム解析から探る
高見 英人 (海洋研究開発機構)

14:30-15:10
Application of new technologies for bacterial genome sequencing
新シークエンス技術による細菌のゲノム配列決定
Stephen Bentley  (Wellcome Trust Sanger Institute)

15:10-15:30 休憩

15:30-16:10
Transcriptome and New sequencers.
新しいシークエンス技術とトランスクリプトーム
菅野 純夫 (東京大学)

16:10-16:50
Sequencing sequencing and sequencing...
シークエンス、シークエンス---(北京ゲノムセンターのアクティビティ)
Ruiqiang Li (Beijing Genomics Institute)

16:50-17:30
Massive sequencing and bioinformatics challenges
テラシークエンス時代のバイオインフォマティクス
黒川 顕 (東京工業大学)

17:30-17:40
Concluding Remarks  小笠原 直毅(奈良先端科学技術大学院大学)


オーガナイザー: 林 哲也、小笠原 直毅

主 催: 文科省特定領域研究「ゲノム研究」 http://www.genome-sci.jp/
後 援: 日本ゲノム微生物学会 http://www.sgmj.org/


【参加方法】 参加費:無料
会場の定員が250名であり、事前登録をお願いします。
E-メールにて、件名に「シンポジウム参加申込」とご明記の上、
所属・氏名をご連絡ください(genome-sympo@aeplan.co.jp)。
たくさんのご参加をお待ちしております。