株式会社ACTLのホームページが下記内容へ更新、もしくは開設された。最新情報は 
「バイオ関係者、皆のホームページ」
の分野毎の掲載欄(ホームページの内容により異なります)にてアクセスできる。分からない時には、皆のホームページの下にある検索サイトをご利用願います。



●大学や公的研究機関に所属する研究者個人による人材募集・セミナー告知、研究室や個人のホームページ等の
情報発信は無料、企業及び大学・公的研究機関による人材・セミナー告知等の掲載は有料です。
 詳細はmiyata@nikkeibp.co.jp 
までメールください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
細胞凍結保存液と細胞洗浄液を発売開始いたします。
ACTLstock (A)液とACTLstock(B)液のセット、各30mL
ACTLwash(100mLx3)を使えばさらに効果的!

★PBMCの凍結保存が簡単に出来ます。
  生存率は安定して>98%
★ヘパリン採血後24時間経過した試料でも生存率>98%
★ELISPOTなどの機能解析も問題なく実施出来ます

5月連休明けから発売開始いたします。
試供品も用意いたしましたので下記までお問い合わせください。
照会先: actl@actl.jp
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■夜間7時~10時(正味3時間)のバイオ・プチ実習スタート
『浅草ラボラトリー』で実施します。浅草松屋横(江戸通り沿い)で研究所用車で送迎;6時半集合、10時半解散
    ※好評連日開講中!!
★受講料:各2万円(消費税別)
照会・お問い合わせ・お申し込みは kine@tmm.co.jp まで
http://www.tmm.co.jp

★★★プチ実験実習★★★
基礎PCR/入門リアルタイム定量PCR/基礎細胞培養(クリーンベンチワーク)/RNA抽出/cDNA合成/SDS-PAGE/プラスミド抽出/制限処理とアガロース電気泳動/FCM解析/RNA関連試薬調製など、Lymphoprepでのリンパ球分離など、正味3時間で実習可能な項目。


■■お待たせしました、4月~5月の実習予定が決定しました。予定表(PDFファイル)をお送りします。
照会・お問い合わせ・お申し込みは kine@tmm.co.jp まで
http://www.tmm.co.jp

※研究室は浅草に引越しいたしました!
※新会社、株式会社ACTLのホームページは現在、工事中!

★★★4月~5月実験実習内容と日程★★★
★受講料:4万円(1日コース)・7万円(2日コース)(消費税別)
照会・申し込み、kine@tmm.co.jp 

●クローニング技術基礎総合(2日) 定員2名限定
4月12-13日(土日)5月3-4日(土日)憲法記念日・みどりの日
4月19-20日(土日)5月5-6日(月火)こどもの日・振り替え休日
5月12-13日(月火)
5月28-29日(水木)
5月30-31-日(金土)
解 説 : マウスb-actin cDNA断片をクローニング。 ライゲーション(TOPO TAクローニング)、RNA調製、cDNA合成、PCR、制限処理、大腸菌の取り扱い、プラスミドDNA抽出、アガロースゲル作製・電気泳動など遺伝子を扱う基礎技術が濃縮した欲張り実習。バイオ実験に必須の核酸化学・遺伝子構造などの講義も実験の合間に実施。

●基礎PCRとRNA抽出・cDNA合成(1日) 定員3名限定
4月11日(金)5月14日(水)
4月21日(月)5月22日(木)
4月30日(水)
解 説 : dNTPs濃度、primer濃度など各要素のPCRに及ぼす影響を詳説し、データベース検索による遺伝子情報取得・日立ソフトのDNAsisによるprimer設計などを演習し、PCR反応はマウスβ-actin遺伝子を標的に実習する。マウス細胞株からtotalRNAを抽出精製し、cDNA合成を実習する。cDNA合成・PCR反応の結果はアガロース電気泳動で評価する。実験に最低限必要な核酸化学の分かりやすい講義も行うので、遺伝子実験は初めてという人には最適な入門コース。

●SYBR Greenリアルタイム定量PCR入門(1日) 定員3名限定
4月15日(火)5月2日(金)
4月24日(木)5月10日(土)
4月27日(日)5月16日(金)
4月29日(火)5月21日(水)
5月25日(日)
解 説 : 遺伝子発現解析では、従来のRT-PCR法では投稿してもリアルタイム定量PCRのreviseが要求されるようになった。したがって、実戦的な経済的で信頼度の高いSYBR Greenを用いたSYBR系リアルタイム定量PCRの実際をprimer設計から実習する。150遺伝子以上で検証済みの日立ソフトのDNAsisを用いたSYBR系定量PCRに最適なprimer設計のノウハウを演習するので、独力でリアルタイム定量PCRを設定できるようになる。実習にはロッシュ社のLightCyclerを用いる。

●細胞培養の基礎とRNA調製(1日) 定員2名限定
4月14日(月)5月1日(金)
4月17日(木)5月15日(木)
4月22日(火)5月20日(火)
4月23日(水)5月26日(月)
4月25日(金)
解 説 : 培地の種類の理解、非働化の意味、クリーンベンチワークなどの基礎を徹底指導。細胞の凍結融解法も教科書には書いていない浸透圧変化を考慮した手技を練習する。PBMCの機能解析で細胞凍結の必要な人には最適なコース。希望により培養細胞からのRNA抽出精製も実習する。

●実践ウエスタンブロッティング(1日) 定員3名限定
4月26日(土)5月18日(日)
5月23日(金)
解 説 : SDS-PAGEの基本は習得しているひと向けの実践コース。プリキャストゲルを使用。セミドライまたはタンク式、選択可能。標的分子はマウス肝臓の老化関連遺伝子産物SMP30。PVDF膜の取り扱いなどのポイントを実習し、検出反応は色素沈着による膜染色。
希望によりゲル作製も実習可能。

●マウスの取扱とRNA調製・FCM解析(1日) 定員3名限定
4月18日(金)5月7日(水)
4月28日(月)5月8日(木)
5月9日(金)
5月17日(土)
5月19日(月)
5月27日(火)
解 説 : マウスの解剖基礎、ホールドの仕方、全採血、エーテルでの麻酔コントロールなどの基本を徹底指導。脾臓からのRNA調製、脾臓細胞の単細胞浮遊液調製、細胞数計数を実習し、脾臓細胞のフローサイトメトリー3色解析(CD抗原3種類を検出)も演習する。
使用機種はベックマン・コールター社Altra。FCM解析の基礎も習得できる。

●ELISPOT解析入門(1日) 定員3名限定
5月11日(日)
5月24日(土)
解説:細胞1個レベルのサイトカイン分泌を検出可能なELISPOT法の実際を実習する。キラー細胞は活性化するとIFN-gを産生し分泌する。抹消血リンパ球中に活性化状態にあるキラー細胞の出現頻度をモニターすれば抗癌治療のリアルタイムの評価が可能になる。何かを分泌し、分泌された物質に対するキャプチャー抗体と検出抗体の2種類(それぞれ異なるエピトープ)があれば簡単にELISPOTを樹立できる。実習では、ELISPOT樹立法とアッセイ工程を実際にINF-g ELISPOTを用いて実習する。スポット数の計数にはELISPOTアナライザーを用いて統計的に有意な科学的な判定を演習する。


★★★★★浅草ラボラトリーの機器★★★★★
FCM(Altra)、LightCycler(realtime qPCR装置)、クリオスタット(凍結切片作製)、PCR装置(MWG、ABI9700)、クリーンベンチ、CO2インキュベーター、ELISPOTアナライザー、ELISAリーダー、蛍光顕微鏡、位相差顕微鏡、生物顕微鏡、DNAsisPro遺伝子解析システム、分光光度計、バイオシェーカー、インキュベーター、乾熱滅菌装置、オートクレーブ、ZOOM 2-Dsystem、電気泳動電源・装置各種、微量高速冷却遠心機、培養用遠心機、液体窒素容器、etc
■★照会・お問い合わせは kine@tmm.co.jp までhttp://www.tmm.co.jp


■★バイオ遺伝子実験実習コースおよび講義について

よくある質問:
「いつ開講されますか?」「選択は自由?」「1名から可能?」

当研究所の実習・講義は受講希望者1名から対応させていただいております。日時・内容はご相談の上に決定しております。かなりフレキシブルに各人に対応しております。勿論、一般性のある内容の場合は、「公募」して他の受講者を募っておりますが、基本は実践的な個別指導です。受講者の殆どが大学・研究所の役職をお持ちの方々です。細胞科学を基礎とするラボ環境ですが、充実した研究設備です。遠慮なくご相談・利用されることをお願い申し上げます。

★★★バイオ遺伝子実験実習コース★★★
■■■1日コース&2日コース開催日■■■
★希望コース先着順に開催コース決定(1名様から受付)

★(解説)実習または講義開催予定日をアナウンスしますので、ご希望のコースまたは講義を指定してください。先着順に予定をいれていきます。但し、開催内容が決定した場合、他の受講者も募集開始いたします。また、1日コースと2日コースの入れ替えも可能ですので、ご相談ください。原則的に定員は、最大3名に限定します。病理学関連のみ2名以上から受付(講師の都合で土日に限定)

受講料:4万円(1日コース)・7万円(2日コース)(消費税別)
照会・申し込み、kine@tmm.co.jp 


■■■■■■■■■■■■■■■■■■
木根渕 猛(取締役社長)
〒173-0031
東京都板橋区大谷口北町88-3 
電話:03-3554-3588
ファックス:03-3554-3599
http://www.tmm.co.jp
■■■■■■■■■■■■■■■■■■