シンポジウム「社会に踏み出す脳科学 -ラボから変わる未来像」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


東北大学脳科学グローバルCOEは、第31回日本神経科学大会サテライトシンポジウムとして、「社会に踏み出す脳科学 ―ラボから変わる未来像」を、7月8日(火)に開催します。

1.名称:第31回日本神経科学大会サテライトシンポジウム
「社会に踏み出す脳科学 ―ラボから変わる未来像」
2.日時:平成20年7月8日(火) 13:30~16:45
3.主催:東北大学脳科学グローバルCOE
4.共催:第31回日本神経科学大会
5.会場:東京国際フォーラム ホールB5(定員200名)
6.プログラム
  基調講演 「脳科学は心を解明できるか」
   岩田誠先生 (東京女子医科大学名誉教授)
  講演1 「神経難病への新規治療薬開発の道のり―筋萎縮性側索硬化症をモデルに─」
   糸山泰人(東北大学脳科学グローバルCOE)
 講演2「精神科の患者が、悩むこと、医療に望むこと」
   尾崎紀夫先生(名古屋大学大学院医学系研究科教授)
  講演3「未来に輝く脳科学者を育てる」
   大隅典子(東北大学脳科学グローバルCOE)

入場は無料、予約も不要ですが、7月10日までに事前登録された方には、お席を確保します。
プログラムの詳細や事前登録の方法は、下記をご覧ください。
http://ja.sendaibrain.org/topicsDetails/satelight080708/

東北大学脳科学グローバルCOE
広報・コミュニケーション担当
長神風二