ゲノム創薬フォーラム【第19回談話会】が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


ゲノム創薬フォーラム第19回談話会
主催:ゲノム創薬フォーラム
共催:東京大学生物機能制御化合物ライブラリー機構
   (ターゲットタンパク研究プログラム制御領域)
テーマ:新しい創薬技術の展開 -Fragment Based Lead Dicovery    の原理と実際
    2008年6月9日(月)13:00~18:00 
    日本薬学会・長井記念ホール

    詳しくは下記ホームページへ
    http://www.genome.ne.jp/gdd/

プログラム

13:00-13:05
はじめに:古谷 利夫(株式会社ファルマデザイン 代表取締役社長)

座長:古谷 利夫(株式会社ファルマデザイン 代表取締役社長)
13:00-13:40
田中 大輔 (大日本住友製薬株式会社 上級研究員)
「小さな分子からの創薬:Fragment-Based Drug Discovery」
13:40-14:20 
山野 昭人(ファルマ・アクセス株式会社 取締役) 
「X線によるフラグメントベーズド・スクリーニング」

座長:堀内 正(アスビオファーマ株式会社 常勤監査役)
14:20-15:00
高橋 栄夫(独立行政法人産業技術総合研究所・生物情報解析研究センター 主任研究員)
「NMRによる蛋白質-リガンド相互作用解析と創薬への応用」

Coffee break

15:20-16:00
来馬 浩二 
(富士フイルム株式会社 ライフサイエンス事業部 事業開発室アプリケーション担当)
「高速SPR測定装置を用いたFBDD」
16:00-16:40
三浦 隆昭 (中外製薬株式会社 研究員)
「NMR/SPRによる化合物スクリーニングの実際」

座長: 長野 哲雄(東京大学大学院薬学系研究科教授)
16:40-17:10
高橋 理 (株式会社ファルマデザイン 主任研究員)
「FBLDを支援するインシリコ手法」
17:10-17:50
Rainer Netzer Ph.D. Senior Vice President Business Development (Evotec)
「Strategies for Fragment Based Drug Discovery programs at Evotec」

まとめ
17:50-18:00


お申し込み方法
「ゲノム創薬フォーラム第19回談話会」に出席を希望される方は会員・非会員に関わらず事前に事務局までご連絡ください。
f-genome@pharmadesign.co.jp

参加費
法人会員および個人会員: 無料
会員以外の参加者:\3000.-
(お支払いは事前にお振込み願います。お支払い方法はお申し込み後にご連絡いたします。)


連絡先:ゲノム創薬フォーラム事務局  
E-mail:f-genome@pharmadesign.co.jp
〒104-0032
東京都中央区八丁堀2-19-8長谷工八丁堀ビル
事務局担当:小金 由佳(こがね ゆか)
TEL:03-3523-9633  FAX:03-3523-9631  http://www.genome.ne.jp/gdd/