***** seminarMLから情報転載 *****

みなさま、

下記の通り第134回東京脂質談話会を開催致します。是非ご参加下さい。

日時 : 平成20年4月16日(水)18時~19時
会場 : 東京大学医学部教育研究棟6階 細胞情報学教室セミナー室
演者 : 平林 義雄 先生(理化学研究所・脳科学総合研究センター、
                 CREST糖鎖プロジェクト、平林研究ユニット)
演題 : グルコースおよびグルコース化糖脂質と細胞間シグナリング
    ―神経ネットワーク形成からエネルギーホメオスタシス機構まで―
要旨 : 糖脂質は、コレステロールと共に脂質微小領域(ラフト)を形成し、多様
な生物機能を演じている。最近、ヒトを含めた哺乳動物細胞には、ホスファチジルグ
ルコシド (PtdGlc) という新しいタイプの糖脂質がラフトに存在していることを発見
した。この糖脂質は神経系では発達期の放射状グリアに発現しており、またそのリゾ
体化合物は、神経軸索伸長方向を制御する生物活性を有していた。一方、従来から知
られているスフィンゴ糖脂質は、セラミドにグルコースが付加されて合成される。最
近の研究によれば、このクラスの糖脂質は糖尿病発症に関わるとの知見が得られつつ
ある。グルコース化脂質に関した新しい話題を提供する。


柳田圭介


********************************************
東京大学大学院医学系研究科 分子細胞生物学専攻
生化学分子生物学(細胞情報研究部門)
柳田 圭介
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
電話 03-5802-2925(研究室)
ファックス 03-3813-8732
e-mail yanagida-tky@umin.ac.jp
URL http://biochem2.umin.jp/index_j.html
*********************************************




seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。