***** seminarMLから情報転載 *****

Diane Mathis&s_comma; Christophe Benoist教授による集中講義シリーズ

“Immune tolerance and Autoimmunity”





東京大学医学系研究科疾患生命工学センター客員教授として来日しておられる Diane Mathis&s_comma; Christophe Benoist 両教授(ハーバード大学医学部免疫学)による4回の講義シリーズ“Immune tolerance and Autoimmunity”を、下記の通り4月に開催いたします。自己免疫疾患に関し、基礎的な免疫寛容の分子機構から疾患発症のメカニズムまで、最新の知見を交え幅広くカバーする集中講義シリーズです。主に学部学生、大学院生、研修医の皆様を対象としておりますが、ご興味のある方はどなたでも参加自由です。両教授による集中講義はアメリカでも実現が難しい貴重な機会ですので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。配布資料準備の関係上、4月11日までに下記まで参加登録をお願いいたします。なお各回完結型ですので、全4回のうち部分的に参加していただいて構いません。









講義開催日及び内容:

第1回:4月15日(火)Introduction to tolerance and autoimmunity (Mathis)

第2回:4月17日(木)Central tolerance: AIRE and other players (Mathis)

第3回:4月22日(火)Peripheral tolerance: Foxp3 et al. (Benoist)

第4回:4月24日(木)Type-1 diabetes: an organ-specific autoimmune disease 

(Mathis)

時間:16:30~18:00(各回共通)

場所:東大病院中央診療棟2、7階大会議室

申し込み、お問い合わせ先:

東京大学大学院医学系研究科疾患生命工学センター 分子病態医科学 

宮崎 徹 教授室

秘書)江上美保 まで

(E-mail) sympo@m.u-tokyo.ac.jp

(TEL) 03-5841-1436




seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。