2007年晩秋のEUは、GMOを巡り様々な動きがあった。07年10月のフランス、07年11月の 欧州委員会Stavros Dimas環境担当委員などについては既に触れたが、07年11月26日の農業閣僚理事会でも興味深いニュースが伝えられた。クリスマスを控えてもう大きな変動はないと思うので、これに対しやや穿ち過ぎかもしれない分析を試みる。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)


この続きは、FoodScienceサイトでお読みください。