***** seminarMLから情報転載 *****

12.10神経生化学セミナーのご案内その1/Neurochemistry Seminar Announcement

演題:Convergent glutamate and DISC1 signaling pathways contribute to the
pathophysiology of schizophrenia in dendritic spines
講師:Atsushi Kamiya&s_comma; M.D.&s_comma; Ph.D.
所属:Dept of Psychiatry&s_comma; Johns Hopkins Univ Sch Medicine&s_comma; Baltimore&s_comma; Maryland&s_comma;
USA

日時: 平成19年12月10日(月)12:00~13:00
場所: 医学部教育研究棟13階1304B号室(第6セミナー室)
連絡先:東大・院医・神経生化学  尾藤晴彦 (03-5841-3560)
共催: 21世紀COE「脳神経医学の融合的研究拠点」 ニューロサイエンスレクチャー
シリーズ

神谷篤先生は、これまでにDISC1とLIS1/NUDEL/dynein complexの相互作用を明らかにされ
(Kamiya et al. Nature Cell Biol. 2005; Kamiya et al. Hum. Mol. Genet. 2006)、
DISC1の分子病理研究の最前線で御活躍しておられます。今般、生化学会・分子生物学会
合同年会にてシンポジウム発表されるため御来日の折、東大にて講演したいただく機会を
得ました。どうか奮って御参加下さい。

--
尾藤晴彦
東京大学大学院医学系研究科
脳神経医学専攻 神経生化学分野
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
e-mail: hbito@m.u-tokyo.ac.jp
Tel: 03-5841-3559 Fax: 03-3814-8154



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。