オーストラリアのメディアが沸騰している。2007年11月27日、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州の東部2州は4年に及んだGM栽培モラトリアムを解除すると発表した。当面、GMナタネの栽培がこの2州において可能となる訳だが、この背景については、以前書いたのでそちらをご参照願いたい。オーストラリア国内におけるさまざまなリアクションに関する大量の報道はいずれも「想定の範囲内」なので、少し視点をずらし対日市場への影響分析を試みる。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)


この続きは、FoodScienceサイトでお読みください。