大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、社長:樋口達夫)の水利尿剤の研究グループは、経口バソプレシン*V2‐受容体拮抗剤「モザバプタン塩酸塩」(製品名:フィズリン®錠30mg、以下:フィズリン)により、革新的な創薬研究に携わる研究者の優れた研究成果に対し授与される「平成19年度日本薬学会医薬化学部会賞」を11月30日に受賞しました。


プレスリリースはこちら