遺伝子・デリバリー研究会 第8回シンポジウム が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


遺伝子・デリバリー研究会 第8回シンポジウム
日時:2008年5月9日(金)
場所:千里ライフサイエンスセンター
 (〒560-0082大阪府豊中市新千里東町1丁目4-2)

講演:
藤原俊義 先生(岡山大学大学院医歯学総合研究科 遺伝子・細胞治療センター)
 「テロメラーゼ活性を標的とするウイルス製剤のがん診断・治療へ の応用」

水野正明先生(名古屋大学大学院医学系研究科 遺伝子治療学)
 「Liposomal Delivery Systemと細胞」

片岡一則 先生(東京大学大学院工学研究科)」
「遺伝子治療実用化に向けたインテリジェント超分子ナノデバイスの構築」

櫻井和朗 先生(北九州大学大学院国際環境工学研究科)
「抗原提示細胞上のグルカン認識部位であるDectin-1を標的にした核酸医薬のDDS」

中西真人 先生(産総研バイオセラピューティック研究ラボ)
「持続発現型RNAウイルスベクターの開発と応用」

西川元也 先生 (京都大学大学院薬学研究科)
「導入遺伝子発現プロファイルの速度論解析に基づく遺伝子デリバリーシステムの最適化」

丸山一雄 先生 (帝京大学薬学部)
「バブルリポソームと超音波によるGDS・DDS」

一般演題としてポスター発表を募集します。奮ってご応募ください。
詳細スケジュール、一般演題申込、参加登録、参加費に関しては、遺伝子・デリバリー研究会のホームページhttp://www.gene-delivery.org/ をご参照ください。

事務局・問い合わせ先:〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
大阪市立大学大学院工学研究科化学生物系専攻
遺伝子・デリバリー研究会第8回シンポジウム運営実行委員長  長崎 健
entry2008@gene-delivery.org
電話:06-6605-2696  FAX:06-6605-2785