国際シンポジウム「心臓発生の分子機序」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


Global COE/Blood Vessel Club 共催
国際シンポジウム
Molecular Mechanisms of Heart Development
「心臓発生の分子機序」のご案内


【日時】2007年12月10日(月) 12:40-17:00
【会場】東京大学医学部教育研究棟14階 鉄門記念講堂
【会費】無料 (参加登録不要)
【演者】日 時: 2007年12月10日(月)
山岸 敬幸 慶應義塾大学医学部小児科
Molecular mechanism underlying the modular steps
in cardiac development.

三浦 直行 浜松医科大学生化学第二講座
The Foxc2 and Foxj1 genes in cardiovascular development.

中岡 隆志 東京大学医科学研究所
The prospect of heart defect mouse study.

小椋 利彦 東北大学加齢医学研究所
Physical forces generated by cells and sensed by cells.

瀬原 淳子 京都大学再生医科学研究所
Roles of ADAM proteases in heart development.

Margaret Buckingham
Department of Developmental Biology
CNRS Pasteur Institute
The second heart field and its contribution to the myocardium.

(順不同、敬称略)

【主催】
Global COE
http://www.coe.s.u-tokyo.ac.jp/integr-life/
Blood Vessel Club
http://bv-club.m.u-tokyo.ac.jp/

【世話人・問い合わせ先】
栗原 裕基
東京大学大学院医学系研究科
分子細胞生物学専攻 代謝生理化学分野
Tel. 03-5841-3496 Fax. 03-5684-4958
http://bio.m.u-tokyo.ac.jp/