***** seminarMLから情報転載 *****

平成19年度厚生労働科学研究費補助金 政策創薬総合研究推進事業 研究成
果発表会
お茶の水女子大学糖鎖科学研究教育センター公開シンポジウム
「糖鎖の機能解明と医療への応用」
-細胞の生死を分ける出会いと別れ、生命をあやつるしくみを解く-

みなさまのご来聴をお待ちしております。資料などの関係で事前にご登録いた
だければ
幸いですが、当日のご参加も可能です。連絡先など、下記をごらんください。

日時:11月21日(水) 13:30~17:30
会場:お茶の水女子大学理学部3号館7階大講義室 
(地下鉄丸ノ内線茗荷谷または有楽町線護国寺より徒歩8分)
プ ロ グ ラ ム
13:30  挨拶  郷 通子 (お茶の水女子大学長、総合科学技術会議議員)
13:40  米田 敦子 (コペンハーゲン大学生物医学・准教授、アメリカ組
織化学会2007年奨励賞受賞)
「どのようにして伝わる? 糖鎖アンテナの信号」

14:15  笠井 献一 (帝京大学薬学部・生命薬学・教授)
「糖鎖を読むことが分子と生物に何を与えたか
~タンパク質も細胞も性能大幅アップ!!」

15:55  星野 洪郎 (群馬大学院医学系・分子予防医学・教授、研究班班
員)
「ウイルス感染はエイズやがんの原因となる~ 糖鎖による感染の制御」

15:35~16:05 休   憩  
【「HIV感染を阻害するシュードプロテオグリカン型薬剤の作用メカニズム」
研究班 ならびに 糖鎖科学研究教育センターによるポスター発表】

16:05  有本 博一 (東北大学院生命科学・分子情報化学・教授)
「抗生物質が効かなくなる? バンコマイシン耐性菌との闘い」

16:45 ウェルナー E.G. ミューラー (マインツ大学生理化学・教授、
海綿ゲノムプロジェクト代表)
「海綿の体を守るしくみ-自然免疫:
糖鎖を介した微生物とのおつき合いとその医学への応用」(英語講演)

17:30~19:00  懇親会 (同館2階 ラウンジ)

参加費:無料   <学生ならびに一般の方々にもわかりやすい発表です>
定員:180名(当日参加可能ですが、資料準備のためできるだけ事前登録願
います)
申込方法・申込先:E-mail:yoshiko3@cc.ocha.ac.jp (坂井)、FAX:03
(5978) 5343 (小川)
主催:財団法人 ヒューマンサイエンス振興財団     共催:お茶の水女
子大学
開催責任者:小川 温子(研究班主任研究者、お茶大院・糖鎖科学研究教育セ
ンター長)
シンポジウムの詳細URL: http://www.ocha.ac.jp/tousa/index.html
携帯URL: http://www.geocities.jp/ochadai_tousa/
*****
渡辺すみ子(東大医科研)





seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。