先週紹介したBtコーンの水生生態系への影響可能性を論じた論文の初出は、The Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)の2007年10月8日付早刷りオンライン版であった。同10月16日版には、ファイトレメディエーション関連の2論文が発表された。それらは、米国Washington大学英国York大学の研究者たちによる論文で、Washington大学の研究を中心に多くの米国メディアによってカバーされ、注目を浴びている。食の問題からは離れるが、今週はこれらを取り上げてみたい。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)


この続きは、FoodScienceサイトでお読みください。