***** seminarMLから情報転載 *****

東京大学医科学研究所
学友会セミナーのお知らせ

入場無料、事前の出席のご連絡も不要です。皆様のご来聴をお待ちしておりま
す。

開催日時:平成19年11月13日(火)  17:00 ~ 18:00
開催場所:東京大学医科学研究所クレストホール2階会議室
(地下鉄南北線白金台駅下車。クレストホールは旧ゲノム棟裏手の2階建ての
たてものです)  
講  師:東原 和成 先生
所  属:東京大学 大学院新領域創成科学研究科
先端生命科学専攻 分子認識化学分野 准教授
演  題:嗅覚神経系における匂いとフェロモンの情報伝達

概  要:匂いやフェロモンといった情報分子は、嗅覚受容体(匂い受容体と
フェロモン受容体)によって感知される。食べ物などの一般的な匂いは、活性
化される嗅覚受容体の組み合わせで識別されるが、フェロモンなど個体間情報
分子は、ある特定の受容体によって高感度かつ特異的に認識される。マウス
は、嗅上皮に発現する約1000個の嗅覚受容体
と鋤鼻器官に発現する約250個の鋤鼻受容体によって匂いやフェロモンを感知
する。マウスは、揮発性のフェロモンだけでなく、ペプチド性のフェロモンを
個体間あるいは異性間でのコミュニケーションに使っている。いずれもGタン
パク質を介してセカンドメッセンジャー経路を活性化する。一方、ハエや蛾な
ど空中を飛べる昆虫は、60-190個の嗅覚受容体で匂いやフェロモンを受容す
る。蛾やハエにおける嗅覚受容メカニズムを解析したところ、マウスとは全く
異なる仕組みでイオンチャネルの活性化がみられることがわかった。フェロモ
ンの物性(揮発性か不揮発性か)と受容体の情報伝達機構(Gタンパク質経路
かイオンチャネル型か)は、それぞれの生物の生育環境と生殖行動様式の変遷
に伴い、最適なメカニズムへと進化の過程で変化してきた結果だと考えられる。

世 話 人:○真鍋俊也、渡辺すみ子



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。