2007年9月24日から28日まで、千葉の幕張メッセ国際会議場において、52カ国および17団体から約200名が参加しCodex第7回バイオテクノロジー応用食品特別部会(TFFBT)が開催された。Codex部会の中で、唯一日本が議長国を務める会議であり、既に厚労省のホームページには、結果概要が公表されている。特筆すべきは、扱われた3つの議題のすべてがステップ5/8へ進み、この結果、来年予定されていた第8回は原則的に開催されない合意が達成されたことだ。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)


この続きは、FoodScienceサイトでお読みください。