International Symposium on Advanced Functional Genomicsが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


来る10月11日(木)、12日(金)に以下の機能ゲノミクスに
関する国際シンポジウムを開催します。テクノロジーの開発からその
臨床応用まで,幅広い研究分野の国内外の第一線級の先生方の講演に
加え,国内の若手を中心に50程度のポスター演題も募集しています。
参加費は無料ですので,多くの方のご参加をお待ちしております。

International Symposium on Advanced Functional Genomics
http://www.kazusa.or.jp/workshop/human2007/

【日時】平成19年10月11日・12日 【場所】かずさアカデミアホール202
【参加申込方法】ホームページ経由で事前の申し込みをお願い致します。
【ポスター申込締切、参加申込締切】9月20日

【招待講演者】
Thomas Joos: Making it small: protein microarrays - applications and future challenges
Carl Borrebaeck: Identification of disease specific serum biomarkers using recombinant antibody microarrays
Shozo Fujita: Nano-wire probe method for antibody-protein complex detection
Masatoshi Hagiwara: Cell-type-spepecific and developmental-stage-specific regulation of alternative splicing of pre-mRNAs
Minoru Yoshida: Chemical genomics based on fission yeast ORFeome
Kazuhiko Nakatani: Mismatvh-binding ligands: chemistry approach to genotyping
Kenji Yokoyama: Fully automated high-throughput two-dimensional electrophoresis system
Steve Oh: Culture and characterisation of human embryonic stem cells: current state of the art
Terence CW Poon: Biomarker discovery by undertaking mass spectrometry-based approaches
Michihiro Igarashi: Proteomic analysis of the growth cone reveals the novel neuronal growth-associated proteins
Tadashi Kondo: Proteomics of cancer
Michael Hamacher: HUPO brain proteome project - strategies and considerations
Haruhiko Bito: Molecular neuroscience
Masanori Taira: Developmental neurobiology
Akhilesh Pandey: Human protein reference database
Michael Cusick: The quest towards high-quality interactomes
Mathias Uhlen: The Human Protein Atlas
Osamu Ohara: Kazusa mammalian genome resources: from contents to platform

連絡先:
古閑 比佐志 hkoga AT kazusa.or.jp
長瀬 隆弘 nagase AT kazusa.or.jp