2007年4月2日、韓国は米国の間の自由貿易協定(FTA)交渉が妥結したと発表した。長期にわたったこの交渉過程で、もっぱら注目を集めたのは米国BSE発生に伴う牛肉貿易の問題だった。しかし、米国産GMO輸入の韓国側規制緩和についてもある重要な覚え書きが交わされたと、韓国の一メディアが当時報じている。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FoodScienceサイトでお読みください。