日本は暑いがオーストラリアも熱い。2003年7月と12月にGMカノーラの商業栽培を連邦遺伝子技術規制局(OGTR)は認可したが、生産諸州政府によるモラトリアムにより実現していない。これらモラトリアムが近々期限を迎えるにあたり、GM(カノーラ)導入を計りたい連邦政府から次々打ち出される受容推進政策と、これに反発するGM反対派という構図が、同国メディアを連日賑わしている。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FoodScienceサイトでお読みください。