バイオジャパン2007英国セミナー「生物製剤開発:英国のアプローチ」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


バイオジャパン2007 英国セミナー
「生物製剤開発:英国のアプローチ」
9月19日(水)13時半~15時
パシフィコ横浜 会議センター5階501号室

バイオジャパン2007の一環として「生物製剤開発:英国のアプローチ」と題したセミナーを英国大使館主催のもと、パシフィコ横浜会議センターにて行います。

バイオプロセス研究の第一人者を大学、企業、業界団体から集め、世界をリードする英国の研究の最前線をご紹介します。

産学連携ネットワーク団体であるバイオプロセスUKのディレクターによる、生物製剤のバイオプロセシングに関する政策、業界の概説をはじめ、生物製剤開発の難点を克服し、独自の効率的な製造方法を実践しているシェフィールド大学の教授による細胞ファクトリーを使った実例を紹介します。

また産業界からは、抗体ベースの生物製剤開発についてUCBセルティック社の副社長が語り、アヴェシア・バイオロジクス社の主席科学オフィサーは、厳密なプロセス・コントロールが欠かせない生物製剤の開発と製造に必要な検証、リスク・アセスメントなどを具体的に解説する予定です。
英国のバイオプロセス研究を多角的かつ詳細に把握できるまたとない機会かと存じます。ぜひ奮ってご参加ください。

プログラムなどはこちら↓英国セミナー:バイオジャパン2007のPDFをご覧下さい。
http://www.uknow.or.jp/be/science/events/index.htm

尚、お申し込みはバイオジャパンの下記ホームページを通して受け付けております。http://expo.nikkeibp.co.jp/biojapan/seminar

担当:英国大使館 学技術部 大矢(tel 03 5211 1324)