-新適塾-第83回 千里神経懇話会「筋萎縮性側索硬化症(ALS)研究の最近の話題」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


************************



-新適塾-第83回 千里神経懇話会
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)研究の最近の話題」

日時:平成19年7月20日(金)17:00~20:00

場所:千里ライフサイエンスセンタービル 6階 601~602号室

代表世話人:大阪大学大学院医学系研究科神経機能形態学  遠山 正彌
オーガナイザー:大阪市立大学大学院医学研究科機能細胞形態学  木山 博資

プログラム:
1.「はじめに」
大阪市立大学大学院医学研究科機能細胞形態学  木山 博資
2.「筋萎縮性側索硬化症(ALS)脊髄運動ニューロン障害に対する温存再生療法の開発」
東北大学病院ALS治療開発センター  割田 仁
3.「ALSの発症と進行は運動ニューロンとグリアにより規定される」
理化学研究所脳科学総合研究センター  山中 宏二

参加費:大学・官公庁職員および学生:無料 企業従業員:2000円

申込方法:氏名、勤務先、所属、〒所在地、電話番号、FAX番号を明記の上、郵便、FAXまたはE-mailで下記宛お申込み下さい。

申込締切:平成19年7月6日(金)

申込先:(財)千里ライフサイエンス振興財団「千里神経懇話会」事務局
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-4-2
千里ライフサイエンスセンタービル8階
Tel:06-6873-2001 Fax:06-6873-2002 E-mail:tkd-lsf@senri-lc.co.jp



************************



千里ライフサイエンス技術講習会 第46回
「選抜アレイとリアルタイムPCRの拓く新たな地平」

■日時:平成19年9月6日(木)午前9時から午後5時30分
■場所:千里ライフサイエンスセンタービル6階(千里ルーム)
        (地下鉄御堂筋線千里中央駅北口すぐ)
■ねらい:昨年はDNAマイクロアレイによる解析の講習会を開きましたが、今年はそれに引き続いて、その次の段階の研究を進めるためのツールに関する講習会を、今回が初めての方にも理解できる形で開きます。DNAマイクロアレイによって釣り上げた遺伝子群について、より詳細に解析するためには様々な技術が開発されていますが、今回はそのうち「選抜アレイ」と「リアルタイムPCR」の2つの技術に絞った技術講習会を企画致しました。研究対象を問わず、実験デザイン、発現パターンの解析方法や生物学的な解釈まで、原理からデータ解析にいたるまで、実戦的な技術の伝授を目指します。
■コーディネータ:野島 博 大阪大学微生物病研究所 教授(兼)感染症DNAチップ開発センター長   
■プログラム:
 講演(午前):原理と概論
 野島 博(阪大微研):選抜アレイとリアルタイムPCRの原理と可能性  
 橋本幸二((株)東芝):電流検出型DNAチップの原理と実際
 秋田 隆(三菱レイヨン(株)):選抜アレイ・ジェノパールの特徴と性能
 吉崎美和(タカラバイオ(株)):SYBR Green Assayの原理と応用
 白神 博(アプライドバイオシステムズジャパン(株)):微量検体を対象とした多遺伝子解析の可能性
 実習(午後):技術解説と実技演習 (13:00より80分間ずつの実習を3つ行います)
 実習1:選抜アレイ・ジェノパールを使った新たな可能性(三菱レイヨン(株))
 実習2:SYBR Green AssayによるリアルタイムPCR相対定量解析(タカラバイオ(株))
 実習3:微量検体からの多遺伝子解析と高速リアルタイムPCR(アプライドバイオシステムズジャパン(株))
■定員:45名
■参加費:5000円
■テキスト:『ラボマニュアル DNAチップとリアルタイムPCR』(講談社2006)3990円
 希望者には当日、割引価格にて頒布いたします。
■参加者資格:分子生物学(とくにゲノム)に関する基礎知識を有していること。
■申込方法:参加申込みは以下の手順にしたがって行ってください。
1. 氏名、勤務先、所属、役職名、〒、所在地、電話、FAX番号および「現在行っている研究テーマ」を簡単に明記の上、郵便、FAXまたはE-mailで下記宛お申し込み下さい。
2. 事務局より受付の通知を返送いたしますので、そこに記載した振込先口座に参加費をお振込みください。
3. 入金を確認後、通常1週間以内に領収書兼参加証をお届けいたします。
■申込締切:平成19年7月31日(財団必着)但し、定員を超過した場合は参加者の調整を行う場合があります。
■申込先:財団法人千里ライフサイエンス振興財団 技術講習会G46係
   〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-4-2
    千里ライフサイエンスセンタービル8階
    TEL: 06-6873-2001 FAX: 06-6873-2002
    E-mail: tnb-lsf@senri-lc.co.jp
    (注lsf;エルエスエフ、lc;エルシー)
 詳細は(http://www.biken.osaka-u.ac.jp/lab/molgenet/)を参照。



************************



千里ライフサイエンスセミナー
ブレインサイエンスシリーズ第20回
「小胞体ストレスと脳神経疾患」

日時:平成19年9月28日(金)10:00~17:00

場所:千里ライフサイエンスセンタービル5階ライフホール

着眼点:小胞体ストレスは異常タンパク質を細胞内に蓄積させ、細胞に致死的傷害を与える。近年、アルツハイマー病をはじめとする神経変性疾患や精神疾患の発症に、小胞体ストレスが密接に関わることが示唆されている。本セミナーでは、小胞体ストレスおよびその応答機構の仕組みと小胞体機能が破綻して生じる脳神経疾患発症の分子機序について取り上げる。

コーディネーター:大阪大学大学院医学系研究科 研究科長・神経機能形態学 遠山正彌
宮崎大学医学部解剖学講座分子細胞生物学分野 今泉和則

プログラム:
1.小胞体ストレス応答の多様性
宮崎大学医学部解剖学講座分子細胞生物学分野 今泉和則
2.遺伝性神経変性疾患における小胞体ストレスの役割
マサチューセッツ大学医学部分子医学部門 浦野文彦
3.虚血と小胞体ストレス
金沢大学大学院医学系研究科脳医科学神経分子標的学講座 小川 智
4.ニトロソ化ストレスによる小胞体ストレス惹起機構と神経変性疾患との関係
北海道大学大学院薬学研究院薬理学研究室 上原 孝
5.パーキンソン病と小胞体ストレス
京都大学大学院医学研究科臨床神経学(神経内科) 高橋 良輔
6.精神疾患における小胞体ストレス反応障害の意義
理化学研究所脳科学総合研究センター精神疾患動態研究チーム 加藤 忠史

定員:300名

参加費:
大学・官公庁職員、当財団の賛助会員 3000 円
一般 5,000円、学生 1,000円

申し込み要領:
?氏名、勤務先、〒所在地、所属、電話およびFAX番号を明記の上、郵便、FAXまたはE-mailで下記宛お申し込み下さい。
?事務局より受付の通知を返送いたしますので、通知書に記載した振り込み先口座に参加費をお振り込み下さい。
?入金を確認後、通常2週間以内に領収書兼参加証をお届けいたします。

申込先:
(財)千里ライフサイエンス振興財団ブレインサイエンス係
〒560-0082
大阪府豊中市新千里東町1-4-2
千里ライフサイエンスセンタービル8階
TEL 06-6873-2001  FAX 06-6873-2002
E-mail tkd-lsf@senri-lc.co.jp

**************************

千里ライフサイエンス第100回記念セミナー
「細胞生物学・免疫学における日本発オリジナル研究?発見の発端と展開」

趣旨
今年は、この3月に退任した岡田善雄当財団前理事長(現特別顧問)が細胞融合に関する論文を発表してから50年、さらに当財団主催のセミナーが創立以来100回目となります。そこでこれらを記念して本特別セミナーを企画しました。岡田前理事長をはじめ細胞生物学・免疫学分野で大きな業績を残された世界的に著名な5名の研究者を講師にお招きし、それぞれの研究について、発見のきっかけ、重要性、発見当時の位置づけ、その後の発展、今日的意義付け等を講演していただきます。科学あるいは研究の本質がどういうものであるかを特に若い研究者に考えていただく手がかりになれば幸いです。

プログラム
1. 開会挨拶  千里ライフサイエンス振興財団 理事長 岸本忠三
2. 体細胞培養と細胞融合のドッキング時代-昔を回顧して 
   千里ライフサイエンス振興財団 特別顧問 岡田善雄
3. 多細胞体制の構築と崩壊
  理化学研究所発生・再生科学総合研究センター センター長 竹市雅俊
4. サイトカインの研究-遺伝子の発見から分子免疫学の展開へ
  東京大学大学院医学系研究科 教授 谷口維紹
5. 病原体認識受容体Toll-like receptors研究への道
  大阪大学微生物病研究所 教授 審良静男
6. Bリンパ球分化因子から抗体医薬へ-IL-6と共に35年
  大阪大学大学院生命機能研究科 教授 岸本忠三
7. おわりに  千里ライフサイエンス振興財団 理事長 岸本忠三

日時:平成19年11月13日(火)10:00-17:00
場所:千里ライフサイエンスセンタービル5階ライフホール
参加費:無料  定員:300名
申込要領:氏名(ふりがな)、所属機関、部署、〒所在地、電話番号、Eメールアドレスを明記の上、Eメールで下記宛お申し込み下さい。
申込先:Eメール sng@senri-life.or.jp
(財)千里ライフサイエンス振興財団 村上和久
〒560-0082大阪府豊中市新千里東町1-4-2
千里ライフサイエンスセンタービル8階
TEL 06-6873-2001 URL http://www.senri-life.or.jp

**************************