2007年6月14日、共同通信は「成長や内臓機能に影響か 遺伝子組み換えトウモロコシ」という記事を配信し、一部の一般紙と多くの地方紙がこれをカバーした。例のMonsanto社が行ったMon863の90日間ラットスタディ(02年作成)を巡るデータ解釈の問題なのだが、背景はかなり込み入っているので、流れを整理しておこう。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FoodScienceサイトでお読みください。