皮膚基礎研究クラスターフォーラムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。



◆◆ 皮膚基礎研究クラスターフォーラム ◆◆
 ◆◆ 第二回教育セミナーのご案内 ◆◆


本学術セミナーは、培養細胞を用いた皮膚を対象とする基礎研究において、最近の研究成果について情報交換を行うことを目的として企画され、昨年度は、参加された150名以上の方々からご好評を頂くことができました。本年はより多くの皆様にご参加いただけるよう、会場を野口英世記念会館(東京都新宿区)に変更して実施致します。皮膚基礎研究分野のさらなる成長・発展を目指す研究者の方々のご参加をお待ちしております。

◆ 日時:平成19年7月9日(月) 10時30分~16時30分

◆ 会場:野口英世記念会館 
〒160 東京都新宿区大京町26番地 TEL. 03-3357-0742
JR千駄ヶ谷駅より900m/徒歩9分

◆ プログラム
詳細はhttp://www.jpte.co.jp/topics/topic_clusterforum2007.htmlをご覧下さい。

1.開会の挨拶(10:30~10:40) 
城西大学薬学部 杉林 堅次 先生

2.教育講演 第一部   
司会:順天堂大学 岡本 暉公彦先生
講演1.(10:40~11:10)
講師:国立医薬品食品衛生研究所 新井 晶子 先生
「 国産3次元表皮モデルを用いた皮膚一次刺激性試験の試み(仮題) 」
*ECVAMのプロトコール(PI法)に準拠して

講演2.(11:10~11:50)
講師:城西大学薬学部 藤堂 浩明先生
「培養皮膚モデルを使用した皮膚透過性試験(仮題)」

休憩(11:50~12:50)

3.教育講演 第二部  
司会:国立医薬品食品衛生研究所  小島 肇 先生
講演3.(12:50~13:30)
講師:岐阜県国際バイオ研究所  大口 健司 先生
「 メラノジェネシスを制御する細胞内シグナリング 」 

講演4.(13:30~14:10)
講師:花王 株式会社 安全性評価研究所 伊藤 勇一 先生
「 代替法による皮膚アレルギー性の評価 」


休憩(14:10~14:20)

4.特別報告.(14:20~15:10)
司会:城西大薬学部 杉林 堅次 先生
講師:国立医薬品食品衛生研究所  小島 肇 先生
 「 代替法を取り巻く内外の動きと今後の方向性 (仮題) 」
       
5.特別講演(15:10~16:20)
司会:岐阜大学大学院医学系研究科皮膚病態学 北島 康雄先生
講師:名古屋市立大学大学院医学研究科  森田 明理 先生
「 DNA障害とアポトーシス誘導効率を基準とした新規光線治療の開発 」 

6.閉会の辞:(16:20~16:30) 
順天堂大学 岡本 暉公彦先生

◆会費   
昼食(弁当)ありの場合 一般 3000円、学生 2000円
昼食(弁当)なしの場合 一般 2000円、学生 1000円(学生証を拝見致します)

◆申込方法
下記URLより用紙をダウンロードしFAXでお申込下さい。
http://www.jpte.co.jp/topics/topic_clusterforum2007.html
申込は6月末で締め切らせて頂きます。
定員200名になりますので、お早めにお申込下さい。


平成19年6月 吉日
主催:皮膚基礎研究クラスターフォーラム
共催:(株)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング