1996年に商業化されて以来、Bt作物が非標的昆虫などの生物多様性に及ぼす影響については、盛んに論議が行われてきた。この問題は、環境の持つ固有性や野外における長期実態調査に困難さがつきまとうため、英国政府のFSEs(農場規模評価)など散発的かつ限定的な研究が行われてきただけだった。そんな中、米国Science誌2007年6月8日号に公表された論文が、在来のデータを統合解析した初のメタ分析を試みており、注目されている。(GMOウオッチャー 宗谷 敏)

この続きは、FoodScienceサイトでお読みください。