臨床化学会・夏期セミナーが下記の要領で人材を募集中だ。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」人材補助金欄、もしくは専門情報サイト「人財」でアクセスできる。


●大学や公的研究機関に所属する研究者個人による人材募集は無料掲載、企業及び大学・公的研究機関による人材募集は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


臨床化学会・夏期セミナーのご案内
---風光明媚でアワビのステーキも魅力的---

■7月7日(土)のシンポで「食の安全・安心」の危機管理:長村洋一氏 (千葉科学大学危機管理学部教授)と斎藤邦明氏(京大・大学院医学研究科人間健康科学系専攻教授)の司会で,まっとうな科学者がまじめに取り組み,メディア問題ではサイエンスライターも参加する新趣向の企画です.

プログラムから抜粋.
●食品添加物のバッシングを斬る:「日経BPのFoodScienceサイト」でおなじみ多幸之介が斬る食の問題」のあの長村先生です.

●健康食品を巡る諸問題:梅垣敬三氏(国立健康・栄養研究所)

●メディアが発生源の食の危機:松永和紀氏(サイエンスライター).近刊「メディアバイアス---あやしい健康情報とニセ科学」の著者.

●リスクコミュニケーターとしてのアドバイザリースタッフについて:加藤亮二氏(香川県立保健医療大学教授).会員数約5千人の健康食品管理士を認定する協会(FFCCI)は話題の中心.

■夏期セミナーは元々飲みニケーションで気炎を上げる場ですので,異分野の方々にも情報交換にもってこいの機会です.

■参加申し込みは5月31日にて締切らせて頂きましたが,後数名であれば受け入れ可能です.