***** seminarMLから情報転載 *****

東京大学医科学研究所
学友会セミナーのお知らせ

入場無料、事前のご登録なども不要です。
皆さまのご来聴をお待ちしております。

開催日時:平成 19 年 7 月 3日(火)17:00~18:00

開催場所:東京大学医科学研究所合同ラボ棟2階会議室
(地下鉄南北線白金台駅下車)

講 師:仁科 博史 先生

所 属:東京医科歯科大学難治疾患研究所 発生再生生物学分野 教授


演  題:脊椎動物モデル生物を用いたストレスシグナル
および肝形成機構の解明


概  要: 仁科教授は「ストレス応答性MAPキナーゼであるSAPK / JNKシグナル伝
達系が、細胞の生死の制御に加えて、発生期の肝臓形成にも必須の役割を果たしてい
ること」をノックアウトマウスの作出によって示してこられました。また、肝臓の形
成や機能に関わる遺伝子を網羅的に単離する目的で、新たなヒト疾患モデルとして期
待されている小型魚類のメダカを用いて、ゲノム規模のスクリーニングも行われ興味
深いミュータントを多数単離されておられます。本セミナーでは、「SAPK/JNKシグナ
ル伝達系の生理的役割」から、単離された「肝形成および肝機能不全メダカ変異体」
のご紹介までお話し頂けるとのことです。シグナル伝達、発生などにご興味のある皆
さまのご来聴をお待ちしております。


世話人: ○渡辺 すみ子、伊庭 英夫



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。